オウンドメディア企業で働きたい スキルと採用枠は?

Green21_hyuhyu20141123121153_TP_V

web制作会社が必要としている人材とは、どんなものなのでしょう。一般企業なら、営業や経理、人事総務など仕事を分業して、その担当を担う人材を募集し採用するイメージをしやすいですね。
ただ、web制作会社のなかでもとりわけ現在ニーズが高まっているオウンドメディア開発企業では、どのような知識や技能を持った人を求めているのでしょう。

〇オウンドメディアの制作方法

PASONA_23_TP_V

webサイトを制作運用するうえで必要なのは、仕事の細分化とその遂行スキルです。一人で制作と管理監視、運用、解析や資金管理を行うのはかなりの重労働です。
フリーランスでサイト制作を行っている人なら、「あなたにすべてお任せ」で制作と管理、実績報告を行うケースも稀にあるかもしれません。しかし、この場合は、コスト管理や運用コストを牛耳るのは概ねクライアント側になります。
オウンドメディアを制作・メンテナンスのみ行うか、その後の管理や更新まですべて一任されるか。
依頼の幅によって分業スタイルは変わってきます。

〇オウンドメディア全般をチームで運用する場合

iphoneset2_TP_V

一つのサイトを管理運用するには、まず構想を提案するプランナーやデザイナー、実装に不可欠のプログラマー、アクセスや効果解析担当者、コスト管理をする経理担当者、更新コンテンツを制作するライターやカメラマン…ざっと上げただけでも、これだけの人材スキルが必要になります。
特に、web制作を行う上で、求められるサイトの体裁を実現するためのデザイナーとプログラマーは必須です。
社員をたくさん採用して、人材を増やせばwebサイトの提案・アプローチから実装までのスピードをグンと上げることができます。
ただ、企業として存続するためには、金銭的な問題も発生します。クライアント一社のオウンドメディアをどのくらいの社員で廻し、どれくらいの収益を上げるか。資金繰りと収益のバランスを考えて必要な人数を採用します。

〇社内メンバーと外部採用メンバーの構成

IT業界は特に、働き方の多様化が進んでいるといえるでしょう。フリーランスで活動しているデザイナーやプログラマー、ライターにカメラマンがたくさんいます。企業採用の社員が主導となって、外部採用メンバーに仕事を分担し、一つの形を作り上げて維持管理するという方法が、オウンドメディアでは一般的でしょう。
社員はときに、必要に応じてコーダーになったりデザインや解析を行ったりしなければならない場面も出てくるでしょう。企業採用する人材は、webに関連する幅広い知識と、マネジメント力がある人が望ましいですね。
反対に、外部メンバーは担当する分業をそつなく、的確にこなせる人を選んで採用したいですね。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.