オウンドメディア制作に必要なツールは何がある?

markus-spiske-109588

Webサイトはいまや、業者やクリエイターに依頼しなくても素人が簡単に作ることができるように、便利なツールが増えてきています。
見た目や掲載する機能、レイアウトを直感で触りながら、更新も楽にすることができるので、触っていてストレスを感じないほど手軽にWebサイトを実装できます。
しかし、機能やプランによっては縛りや上限があることがあります。いろんなツールを使って、自社(個人)が目指す形を作れてなおかつ効果が期待できそうなオウンドメディアを制作しましょう。

〇無料ツールと有料の違いはある?

computer-office-calculator-pen-163119

一からオウンドメディアの構築と運用を計画するときには、その「オウンドメディアに対するコンバーションと継続性、規模の大きさと投資が見合うかどうか」、これが一番の問題となるでしょう。

●無料で使えるツールからオウンドメディア構築も可能

WebブログやWebサイトの無料ツールといえば、よく知られているのはアメブロやAmeba Owndなどのアメーバツールでしょう。
とりあえず始めてみよう…という思いを、簡単に実現することができる手軽さと直感で触れる操作性は何より魅力。
そのほかにも、ヤフーブログやFC2など、長らく愛用されているブログツールもたくさんあります。これらのツールは、ブログという名目ではありますが、ある一定のカスタマイズも可能で、一見Webサイトの体裁も整えることができます。

●気を付けたい無料ツールの縛り

オウンドメディアを立ち上げる目的は、「有益な情報を提供しながら企業(個人)の売り上げにつなげるコンテンツを更新していく」でしょう。多くのコンテンツを更新していくと、コンテンツの話題や発信する情報の分類など、見やすいWebサイトにするためのレイアウトにしたくなるものです。
しかし、無料ブログ(オウンドメディア)ツールを使ってサイトを立ち上げた後に、HTMLの記述ができない・CSSを触れない・理想の場所にボタンを配置できない、といったような「できない」縛りに戸惑うことがあるかもしれません。
無料だからこその不具合や不都合は覚悟の上で、初期投資をおさえたいならばおすすめできますが、独自のサイトをしっかり作っていこうと計画しているなら、やはり無料ツールではないフォームを使うほうが良いかも知れません。

〇無料のCMS構築ツールの王道 WordPress

cms-265127_1920

独自ドメインを取得して、オリジナルフォームを制作し、その中で継続してコンテンツを増やしていくというのがオウンドメディアの理想形といえます。
多くの大手企業も活用しているツールがWordPress。サイト制作ツールとしての手軽さを備えながら、たくさんのプラグインが公開されており、気に入ったサイトの形をすぐに実装することができるというのが、WordPressの魅力です。

●プラグインツールを活用してSEO対策も可能

WordPressはレイアウトだけではなく、その機能に応じて世界でたくさんのプラグインが公開されています。オウンドメディア運用を行う上では欠かせないSEO対策も、専用プラグインをインストールすれば、十分にその目的を満たすことができます。

簡単にWebサイトを作ることはできますが、メディアを活用して企業の宣伝を行う前提で計画するなら、やはり独自ドメインを取得するのがベストでしょう。無料ツールは、(実際に閉鎖されたものは少ないですが)突然閉鎖してしまうかもしれないというリスクは否めません。
手軽に無料ツールを使って公開し、後に独自ドメインへ移設するという方法もありますが、ツール次第では移設ができないものもありますので、立ち上げの段階で慎重に選ぶようにしましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2018 IMGINOTE INC.