SEO対策で順位を上げるには何を優先させるべき?

seo 優先 順位1

SEO対策とは検索結果により、多く自社サイトが露出されるために実施する対策で、「検索エンジン最適化」と呼ばれることもあります。

検索順位を上位に持って行くために、どのような対策があって何を優先すべきなのか、どこから手を付けて良いか分からない、という事もあるでしょう。

それもそのはず、時代の流れによってSEO対策の手法は変化しているからです。そのためその時々に合うSEO対策を講じていくことが必要です。

リスティングとの違いは?

検索結果で多く自社サイトが露出されるために行う対策がSEO対策ですが、検索結果には他にもリスティング広告などが表示されます。

リスティングは費用をある程度かけることで上位表示することはできますが、SEO対策は費用をかけても上位に表示されることは約束されませんし、表示場所も異なります。

Googleで対策すればOKの理由

seo 優先 順位2検索サイトで多く使用されているのは「Google」、そして「Yahoo!」です。ただしYahoo!の検索エンジンは、実はGoogleのものを借りて使用しているため、GoogleでのSEO対策ができれば連動してYahoo!でも対策をしたことになります。

ただしYahoo!は独自で保持するコンテンツや提携先情報などの検索結果も差し込むため、その点は理解しておきましょう。

まずは実践したい対策内容は?

seo 優先 順位3

SEO対策でまずは行いたい内容をご紹介します。
今、SEO対策で悩んでいるのなら、まずは以下のことが実践できているかを確認してみましょう。

・ペナルティを受けないことが基本
被リンクスパムなど、SEOでペナルティを受けると対策も意味がなくなります。基本中の基本と言えるでしょう。

・タイトルには必ずキーワードが必要
狙いたいキーワードは必ずタイトルに入れ、検索結果に表示させるようにしましょう。

・メタディスクリプションの設定を
メタディスクリプション(メタタグ)というページの説明文が検索結果に反映されやすくするように、狙いたいキーワードを入れる様にしましょう。

・適切な見出しの配置を
重要度の高い順にh2やh3といった見出しを配置していきます。h2が無いのにh3のみ使用する使い方や、全て同じキーワードを入れるのは、クオリティを低下させますので避けましょう。

・ツリー構造に
サイトはツリー構造にする必要がありますが、階層が深くなりすぎてしまうとページ単位で見た時のSEO効果が薄まるので注意しましょう。

・簡素で説明的なリンクを貼る
簡素で説明的なアンカーテキストのリンクを利用しますが、画像からのリンクであればalt属性に説明を入れておくことも大切です。

・モバイルにも対応させること
モバイル対応サイトが検索上位に表示されやすくなっているので、モバイルでも閲覧しやすいサイトを作成する必要があります。なお、モバイルに表示させるには速度も重要です。

同じ方法を続けていてはダメ!

このようにSEOには実践しておきたい項目がいくつかあります。ただしずっと同じ対策を講じておけば良いというわけではなく、時の流れによって実践する対策も変わっていくことを理解しておきましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2018 IMGINOTE INC.