オウンドメディアの始め方とは?これから作ろうとする人のために

オウン ド メディア 始め 方1

もしもこれからオウンドメディアを作ろうと考えている場合、どのようなものを頭の中で想像しているでしょう。

オウンドメディアには色々な形態があり、例えばソーシャルメディアで一気に注目を集めるバズを狙うのか、それとも検索エンジンからアクセスを集めるのか、自社のブランドを広く認知させるのかなどです。

まずは検索経由でアクセスを集めていくオウンドメディアから始めることが良いと言えますが、その理由として、Googleの検索エンジンの仕組みをある程度学習することによって検索エンジンからアクセスを集める方法が理解しやすいからです。

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは検索上位を達成する意味で捉えられることもありますが、実はそうではなく、トリプルメディアの中の形態です。

トリプルメディアとは、企業がメディア戦略を考える際に利用するマーケティングチャネルを、オウンドメディア、アーンドメディア、ペイドメディアとして整理したフレームワークの1つです。

・コンテンツマーケティングの流行が影響している

オウン ド メディア 始め 方2

この中でオウンドメディアが注目されている理由は、コンテンツマーケティングという手法が流行っていることにあります。

コンテンツマーケティングとは、潜在的な見込み顧客に対し、その人から見ると価値の高い情報を提供することでファンになってもらうマーケティング手法です。

オウンドメディアという自社が所有するメディアを使い、コンテンツマーケティングによって見込み顧客に情報を届ければ自然とファン化することが期待できます。

・初めて向きの手法

検索エンジン経由のオウンドメディアは、検索エンジンの仕組み、さらに見込み顧客についての理解があることで成果が出やすいという特徴があります。
これまでインターネットに縁のなかった企業や組織でも、始めることができるでしょう。

実際にオウンドメディアを制作する場合、戦略を設計することから始めます。
戦略を設計するまずはゴールを設定します。

・ゴールはどこに設定するのか

オウン ド メディア 始め 方3

何でもそうですが、終わりのないマラソンは先が見えずにいつまで走り続けば良いかわかりません。ゴールが分かっていれば、途中でくじけそうになっても、それに向けて対策を練ることもできます。

オウンドメディアのゴールをどこにするかについては、例えば広告収入を得ること、メルマガの登録者や資料請求者を獲得すること、会社やサービスの知名度を上げるなど、色々です。

・ペルソナの設定は欠かせない

商品やサービスのターゲットになる象徴的な顧客像をペルソナと言いますが、このペルソナを設定することはマーケティング企画立案手法の1つです。

ターゲットが決まれば、顧客がどのような情報を欲しがっているのか、何のために検索エンジンを使うのかなどを想像しやすくなります。

また、誰に対してどのようなことを行うサイトなのかによって、サイトのコンセプトを決めておくことも必要です。

オウンドメディアはチームでの運営が望ましい

そしてオウンドメディアを運営する上での最も大切なのが編集体制を築くことです。
立ち上げてから運営していくにあたり、実に様々な業務が発生します。

それぞれの業務を1人の担当者が行うのは無理がありますので、運営するためにはチームを作る必要があると言えるでしょう。
業務の効率化で制度を向上させる事ができるはずです。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2019 IMGINOTE INC.