オウンドメディアにおけるコンテンツマーケティング市場の規模は?

オウン ド メディア 市場1

マーケティングやブランディング全般など、Webマーケティングにとどまることなく注目を集めているコンテンツマーケティング。

アメリカなどは既にコンテンツマーケティングがスタンダードになりつつありますが、日本でも認知度が高まっている状況です。

スマホ利用者の増加やSNSの普及など、必要な時に必要な情報を消費者が選んで得ることが出来る様になりました。
それに伴い、コンテンツマーケティングの市場規模も拡大していると言えるでしょう。

マーケティングの形にも変化が!

オウン ド メディア 市場2

以前はマーケティングというと、TVなどメディアや雑誌などのCMや広告がメインでした。
しかし現在はスマホとSNSの普及により、伝えたい情報を一方的に押しつけなくても良くなったと言えるでしょう。

自分が知りたいことを自らで探しに来る、良質なコンテンツを用意するコンテンツマーケティングこそが、これからの時代にマッチした手法と言えます。

今注目されるのはコンテンツを重視したSEO

コンテンツマーケティングで欠かせないものとして、コンテンツSEOが挙げられます。
集客にはコンテンツSEOが必要なので、オウンドメディアを運営する上でも欠かすことができない対策です。

これまでのSEOは、検索上位になるための対策という捉え方がされていましたが、現在はコンテンツ重視のSEOが注目されています。

コンテンツSEOの市場規模は継続して拡大中

リンクを貼るなどでサイトを充実させても良いですが、リンクにも無料のものから有料のものまで色々あります。
有料のものは予算も必要なので、有益性を測りたいならコンテンツSEOに投資したほうが良いと言えます。

コンテンツSEOの市場規模を見ても、2012年は約272億円だったのが、2016年には約530億円にまで成長したと言われています。

SEOが今後なくなることはありませんし、コンテンツSEOの市場がこのまま成長し続けていけば、ユーザーはさらに有益な情報を得ることができる環境が整備されるでしょう。

企業側にとっても有益な資産になるので、今後のWebマーケティングに欠かすことができないものになるはずです。

誰かの役に立つことで良い結果が返って来る

オウン ド メディア 市場3

オウンドメディアで、潜在する顧客に良質なコンテンツを提供し続けて行くということは楽なことではありません。

しかしこの部分が最も大きな成果に繋がる部分ですので、楽をして儲けようと考えていては良質なコンテンツは作ることはできません。
業界や商品などに関して、悩みを抱えるユーザーにとって役に立つ情報を提供できれば、そこからファンを増やし、良い結果となって返って来るはずです。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2019 IMGINOTE INC.