オウンドメディアのコンテンツを出す時の疑問!タイトルの文字数や付け方は?

0720e5e36bd5365ad8e4332b4b45e7db_m

オウンドメディアにおいて、タイトルや記事の文字数、見出しの有無など、色々な部分で疑問が生じることがあります。

 

特に初めてブログやコンテンツ制作を行うという場合には、何からどのように決めていけば良いかわからないというのは当然のことです。

 

そこで、誰に対して何を伝えていきたいのかを踏まえた上で、どのように文字数や内容を決めて行けば良いか考えて行きましょう。

 

 

 

タイトルは文字数で設定する?

 

まず、作成する記事のタイトルを考える場合、検索した後の結果ページに表示された時に全体が見えるような文字数で設定しましょう。

 

Googleであれば日本語なら35文字、アルファベットで58文字の範囲であれば、検索結果ページに全体が表示されます。

 

ただし、Twitter やFacebookにて拡散した場合においては、記事の内容がある程度確認できるような長めのタイトルの方が良い場合もあるので、その点も踏まえたタイトル設定を行うと良いでしょう。

 

 

 

セクションごとの見出しは何文字?

 

記事の内容をできるだけ見やすくするために、いくつかのセクションに分け、それぞれに見出しを設定します。

 

見出しの文字数も短過ぎず、長過ぎず、目安となるのは20~35文字程度。また、文字数よりは「ターゲットキーワード」を含めるようにすることを気にしておくと良いでしょう。

 

 

 

コンテンツの文字数は何文字がベスト?

 

どのくらいの文字がベスト!という正解は得にありませんが、日本人が本を読む速さの平均は1分間で500~600文字程度と言われています。

 

例えば電車に乗っている時や、少しの空き時間、夜就寝前などに気軽に読んでもらえるコンテンツを目指すのなら、800~1,000文字くらいだと無理なく読めるでしょうし、2,000文字以上あればSEOでは有効とも言われています。

 

 

 

クリックされてもスルーでは意味がない!

 

結局は読んでもらわなければ意味がありませんので、SEO効果を上げることを意識することは重要です。しかし単に文字数が多いから効果が高いと考えるのではなく、本当にユーザーが求めている情報がそこにあるかどうかが重要です。

 

例えばまとめ記事などは検索上位に出やすくなる傾向はあるかもしれませんが、あくまでも検索結果上でのCTRの高さをあらわしているだけであり、本当にユーザーが求めている情報があるのかという部分では疑問もあります。

 

情報価値の高いコンテンツを作成していくことは企業の資産になりますので、オウンドメディア作成におけるタイトルや内容を充実させることを意識していきましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2019 IMGINOTE INC.