アフェリエイトで効率よく広告効果を得るには

OOK161100444_TP_V

一昔前は、アフェリエイトといえばクリアなイメージが少ない正体不明の副業ツールという印象をもっている人も多くいましたが、最近では誰でも簡単に副収入を得ることができる手段として、取り組む人口も増加を続けています。

アフェリエイトの仕組みと報酬についての基本をここでご案内します。

 

○契約によって掲載先を確保

ペナルティ解除に全速力で対応しろと指示を出すWeb担当者ペナルティ解除に全速力で対応しろと指示を出すWeb担当者 [モデル:カウアン]

無料ブログの登録をしている人、ドメインを取得して適切に運用している人に対して、アフェリエイトを手助けするASP(アフェリエイトサービスプロバイダ)は、申請に基づき登録を終えれば、すぐに広告掲載をスタートさせることができるアシスタント役を担っています。

広告主をどうやって集めるのか

Webサイトの広告収入を得る人たちを、俗にアフェリエイターと呼びます。このアフェリエイターは、自身の立ち上げたブログやサイトに広告を掲載し、このweb広告からアクセスがあった場合、または広告契約を取り付けた場合に報酬が発生し、広告収入を得ます。

一般個人が、企業を相手に一社ごとの掲載契約を取り付けるのは至難の業。掲載前の営業活動が必要となってしまいますが、この営業を引き受ける役割を果たしているのがASP(アフェリエイトサービスプロバイダ)です。アフェリエイターは、このASPと契約して、橋渡しの役割をしています。

ASPの役どころ

広告主との橋渡しだけではなく、ASPは非常に多くの企業と契約していることから、その提供する広告の種類も膨大です。広告主としては、一手に管理を任せることができる点で費用リスクを軽減することができます。またアフェリエイターは、数ある広告の中から自身のブログや嗜好にあう物を選んでバナー表示させることができるメリットがあります。

報酬発生と掲載商品

大きく分けてASPは2つに分類することができます。まずは、その報酬制の違いです。扱う商品の広告を掲載し、実際にその商品販売実績に基づいて報酬が発生する「成果報酬型」と、掲載広告をクリックして目的ページへのリンク先へジャンプさせる「クリック課金」があります。

また、マッチング目的の「ASP」と、大手ECやオンラインショップの商品が扱える「ショッピングモール型」にも大別できます。

 

○ASP事業拡大中 商品を効果的に宣伝してもらうには

Webサイトのロードタイムを逐一確認するエージェントWebサイトのロードタイムを逐一確認するエージェント [モデル:カウアン]

インターネット広告出稿の方法は、実に様々です。そして、企業側としては適材適所に配置して、その効果を上げたいというのが広告掲載の一番の目的です。

ASPの中でもグーグルアドセンスやAmazonアソシエイト、A8.net等は、アフェリエイターの中でも基本中の基本という位置づけになるほどの有名どころです。

しかし、逆にいえばこれらの中にある他社商品にうずもれてしまいかねないリスクもあります。

アフェリエイターは、ASP1社と契約して運用する人はごく少数で、実際には複数のASPと契約しているひとがほとんどです。広く知られていないプロバイダの中でも、デジタルコンテンツ商品が強い・ダウンロード商材や教材に特化している、という風に特色や強みをもった商材を集めているものが多くあります。自社の製品特性に沿ったプロバイダとの契約で、広告ニーズをもつアフェリエイターの目に触れやすくなります。

提携審査の有無・サポート力の高さでASPを選ぶ

企業側としては、より良いブログやwebサイトに自社の広告を掲載してほしいという願いがあります。しかしASPと契約した後は丸投げという訳にはいきません。アフェリエイターによっても、文章力や掲載センスなどの差があります。そこで、「提携審査」を付加することができるかどうかで検討するのも良いでしょう。広告主側で掲載に適しているかを判断し、不適の認定をすれば広告利用を制限できるシステムです。

またASP自体にアフェリエイターをサポートする体制が整っていれば、結果として広告主にも広告効果が高まるメリットとなります。

 

まとめ

アフェリエイトは、かつて一部の人の副業として多く知られることはありませんでしたが、今では購入者である一般消費者の立場の人も、広告媒体を扱う時代となりました。よりよい広告効果を実現するためにも、ネット広告掲載とASPの利用もあわせて検討するとよいでしょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.