メタタグでSEO効果を高める キーワード選び

PAK153130225_TP_V

Webサイト制作の場面で、必ず必要になってくるのがSEO対策ですが、なかでもHTMLソースコードに仕込むメタタグは、特に重要です。
検索エンジンのランキングにはキーワード選びを慎重に吟味すべし、というのは基本中の基本であり、公開後のサイト閲覧やコンバーション率に大きく関わる肝となります。
しかし、ソースコード内への仕込みとしてのメタkeywordsは現在、SEO対策としては効果がないとされています。こえは、Googleの評価対象から外れたことが起因しています。
では、メタキーワードは記述する必要が全くなくなったか?と問われれば、必ずしもそうは言い切れません。

○上位表示を狙うSEO内部対策として

cc0160170531_TP_V
SEOには、内部対策と外部対策がありますが、Webサイトの完全な体裁を成す内部対策の概念としては、やはりメタキーワードを記述しておいた方が良いでしょう。
そして、Googleの評価から外れたから必要はない・・・としても、検索エンジンとして稼働しているyahoo JAPANでは、Googleのクローラに準則していますが一部はオリジナルのアルゴリズムを以てランキング決定を行っています。
あらゆるシーンでより精度の高い対策を施すことを考える場合には、やはりmeta keywordsの設定を行っておくべきでしょう。

○記述方法と現状のサイト制作

OOK161100444_TP_V
HTMLソースコード内に、独自で記述を行いながらwebサイトの制作を行う場合は、
<meta name=”keywords” contents=”○○○,●●●”>
という風に、選定したキーワードをコンマで区切ってコーディングします。
ただ、現在はコーディングを一から行うシーンも非常に減ってきました。WORDPRESSなどのオープンソースツールを使えば、手軽に直感で操作しながらオリジナリティも出せるwebサイト制作が比較的簡単に作れるようになったためです。
WordPressを使用して、コンテンツを増やす際も、それぞれのページにメタキーワードの設定ができるようになっています。
All in one SEOなどのプラグインを使用して、キーワードだけではなく、ディスクリプションも一度に設定をすることができるようになっているので、仕込みが可能な内部対策については、漏れなく行っておくほうが良いでしょう。

○ターゲットキーワードとの関連

af7fd8996d4be20189c541e55fa7813a_s
メタキーワードを設定するならば、ターゲットキーワードとの絡みを必ず紐付けしておくこと。これが大切です。
Webサイトの検索キーワードを決めて、そのキーワードを狙ったサイト作りをしているのに、メタタグに仕込んだキーワードがターゲットと異なっているのは筋が通らなくなってしまいます。
体裁に異とするものが共存してしまう事で統一性を欠き、最悪の場合ペナルティを受ける可能性もありますので、注意が必要です。
きちんとコンテンツの文章にもメタキーワードを含ませておくと、より強調することができます。そして、titleタグに含ませたキーワードと同じくしておくことも忘れずに。

○外部対策との関連性

SEO3
メタキーワードとして選んだワードに関連するwebサイトから、被リンクをもらうと、検索エンジンから、より重要なキーワードとして認識してもらえます。
リンクの説明(アンカーテキスト)にキーワードと同文句を挿入しておくことで、クローラへの信頼度をアピールすることになります。
有益な被リンクは、検索エンジンの上位表示に効力を発揮します。また、webサイトを利用するユーザーにとっても、非常に親切な情報となるため、好評価につながるのです。

○メタタグキーワードは最大でも5つ

1
実際のSEO対策には影響しないと言われるメタキーワードでも、単純にターゲットと付随しているキーワードを乱入すれば良い、という考えは間違いです。
かつては、メタタグに膨大なキーワードを記述したサイトも多くありました。しかし、現在では6個以上記述するとペナルティを受ける可能性があります。
そして、多すぎるキーワードは各文言に効果を分散させてしまうというマイナス面もあるので、できれば主軸のキーを2つ程度記述しておくという考えが標準となっています。

まとめ

現在は効果そのものが無いと言われるメタタグのキーワードですが、今後どのようにアルゴリズムが変化していくかもわかりません。
優良な被リンクはSEO対策としての効果が期待できます。関連性を意味づけるためにもmetaキーワードを入れておくとよいでしょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.