SEO対策の基本と実装せねばならないmetaタグ

10

Webサイトを運営する上で、最も重要なのは「公開サイトで営業成果を上げる」「ユーザーのニーズを満たし自社の商品(サービス)を広く紹介する」ことです。
サイトを閲覧するだけで、企業のあらゆる情報を端的に、または広く知らせることができれば、それはサイト運営者にとってこの上ない営業戦力です。

○なぜSEOが必要か

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s
Webサイトを有効に活用して、重大な営業戦力にする為には、まず、みたいと思った人がすぐにみられる環境づくりから考えておかねばなりません。
この、環境づくりが「SEO対策」です。多くの人は、狙った目的ページのURLを入力するなどとわずらわしい事はしません。みたいページが分かっていれば、そのキーワードを検索エンジン窓に入力し、必要な情報を引き出したい人は、自分の知りたい事をキーワードにして検索をします。
検索した時にランキングで表示されなければ、その時点で営業失敗。戦力になる前にサイトそのものが無意味なものになってしまいます。
そのため、素敵で見やすくニーズに合ったサイトを構築するのは大前提として、そのサイトがニーズを満たすために検索され、検索ランキングに上がるようなバックグラウンドの仕込み作業が必要になるのです。

○表からは見えないSEOの仕込み

90faf38802e980efc37c3a15020611aa_s
公開サイト上では見ることができない情報の中に、検索ランキングをあげるためのhtmlタグを設定しておきます。

●metaタグってなに?

Metaタグとは、HTMLタグの中のhead(文書のタイトルや特徴、制作者の情報など、文書に関する情報を記述する部分)に記述する要素を意味します。
タグ;metaと特性を表す「属性」を記し、その後にcontents属性をくわえて「値」を返します。Name属性でkeywordを設定すれば、検索ロボットが収集するキーワードを提供することができるという仕組みです。
記述例は以下の通り
<meta name=”keywords” contents=“tag,タグ,SEO/”>
メタという要素を使って、キーワードを設定します。そのキーワードは「tag・タグ・SEO」です。

○SEO対策に必要なmeta

あq
メタタグには、SEO対策とは直接関係ありませんが、サイトを公開する上で必要最低限表示しておかねばならないcharset(文書の文字コードを指定する)などがありますが、SEOの観点から、文字化けをしにくいUTF-8を選択すると良いと言われています。数年前はShift-JISが一般的でした。
制作段階の好みもありますが、どちらかであれば問題はないでしょう。

●Googleがサポートしているmetaその1 説明文

Descriptionタグは、SEOの中でも最も重要とされています。ページの簡単な説明文を“”の中に記述すると、検索結果ランキング表示の際に紹介文として使用されます。
この説明文に、狙ったキーワードを必ず入れておくようにしましょう。ページ毎にディスクリプションを変え、それぞれの説明を明確に行うのがベストです。

●metaその2 descriptionと併用して・・・

Htmlタグであり、正確にはメタではありませんが、ディスクリプションと併用してタイトルを表示するtitleタグを必ず設定しましょう。Titleを指定していないと検索した時に表示されるタブが無題になってしまい、複数のタブを展開している時にどのサイトが何かわからなくなってしまいます。Titleタグは必須です。

●metaその3 検索ロボットインデックス方法を指示

Robotsメタタグは、あらゆる検索エンジンに有効です。Googleでの検索ランク上昇を目的にする場合は、googlebotというタグもあります。
規定値はall(全てのページを巡回させる)ですが、
・インデックスに登録させないページを指定・・・noindex
・ロボットがページ内のリンク情報を追跡しない・・・nofollow
・インデックスさせずにリンクも追跡しない・・・none
・検索結果で表示される画像参照元としてページ表示させない・・・noimageindex
などの値もサポートをしています。ページの内容に合わせて設定すると、サイト情報を濃く、不用なリンクもインデックスされないようにサイト内整備ができます。

○まとめ

メタタグの要素には、サイト運営上ユーザーにとって有益なもの、不用なものがあります。ユーザー目線でその情報を精査しランキングを決めるきっかけが、メタ情報とそれを読むロボットの巡回です。要素を指定して、必要十分なサイトインデックスを実現しましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.