SEOを意識したテキストコンテンツの最適文字数は

ook95_ageage20131223_tp_v

ホームページや自社のwebサイトを充実させたいと考える時、その説明や解説、商品の詳細など、あらゆる場面でテキストコンテンツが必要になります。
文章作成が苦手だから・・・とどうしても後回しにしたくなるテキストライティングですが、流れを忠実に実行すれば要点を押さえて作業を楽に行う事ができるようになります。
まずは、その流れを的確にこなしていくことから始めましょう。

○SEOと文章の文字数の関係

ozpa_attoiumanni25manpvkasegu_tp_v
テキストを起こす際に、最も大切なのがターゲティングです。キーワードに沿った内容を、どのターゲットに向けて発信していくかをあらかじめ想定して、文章作成を行わねばなりません。
●一般的に誰もが理解できる文章で
誰が見るか・誰に向けた文章かという想定をしつつ、専門的でコアな内容ほど、分かりやすくて一定の理解ができる程度の難易度にしておくことが大切です。
自社の商品説明や、企業紹介などの身の回りの説明を文章で起こす時、思い入れが強いがために文章が長くなってしまいがちです。
また、その業界の人なら当たり前に使っている専門用語を多用して、シンプルに解説しようとすると、「見る人が見ればわかる」という閲覧者排除の文章となってしまいます。
●ボリュームを多くすればいいわけではない
沢山の説明を事細かに記していくと、分かりやすい文章になると思われがちですが、ユーザーの閲覧シーンを想像しながらテキスト起こしをしなければボリュームに視覚が負けてしまい、離脱の可能性も高まります。
書き手の思いを全て1コンテンツに盛り込む必要はありません。適時文字数をカウントしながら、ブラウザのスクロールをせずに一文、または1テーマが読み終わる程度のボリュームを意識して文章を作成しましょう。
●間延びさせない 歯切れの良さが大切
1テキストコンテンツが、文章の改行だけでつづられると、一見して「長い文章だ」という事が分かります。この文章構成は、さっと検索してすらっと読みたい近年のモバイルユーザーからは受け入れられません。
内容をある程度把握しながら飽きずに読み続けられる文字数は、一般に400~500文字程度と言われています。読点で2、3文程です。
しかしこれでは説明を充分に果たすことなく、要約文章で終わってしまいそうな文字数ですね。そこで、段落と見出しを使って、一つのテーマを順序良く文字にしていくことが必要となります。

○1コンテンツの最適文字数

web86_bonpower20150207120628_tp_v
一文で100文字を超えると、回りくどさを感じます。端末やモニターで見て、2~3行程度の文章が、文字数と内容の両方を妥協せずに書き綴ることができ、かつ読んで満足感を得られるボリュームです。
この小さな文章のかたまりを複数組み合わせて、一つのコンテンツにすることで、内容をすっきりとさせながら流れに沿った説明ができる文章を作ることが出来ます。
●見出しを使い視覚で構成を知らせる
ひとつのコンテンツテーマ【タイトル】が決まったら、何を伝えたいかを明確にしたうえで、2~3つに内容を分割します。これが大見出しです。
ひとつの見出しの中に更に、細かく小見出しを設定します。そして、小見出しに沿った内容を200~400文字程の文字数で起こしていけば、まとまりがある一つの大作が完成します。
合計すると、800~1800の文字数になります。これで読みごたえがあり、まとまりもあるなめらかな文章運びができるはずです。

○まとめ

文章作成を行う場合、まずはターゲットを明確にしてニーズにこたえる内容とテーマを決めましょう。そして、大テーマ(タイトル)を2~3つのテーマに分け、それぞれに見出しを付けます。見出しに沿った文章を書いて行けば、脱線せずに一定の文字数を持ったテキストコンテンツが完成します。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.