SEOの検索ワードと連動させたコンテンツの制作

web86_bonpower20150207120628_tp_v

Webサイトのライティングを行う上で、最初の作業となるのが、コンテンツ作成のための計画立案です。
トレンドやニーズによってその時々のテーマは異なります。そのため、検索ワードは常に変化するものだと考えておくのが大切です。
狙ったキーワードで検索ランキングの上位を目指しながら、コンテンツの完成度を高めるために、検索ワードは慎重に決定するようにしましょう。

○検索件数をチェック

SEP_355215221321
その時々に変化するニーズを把握し、多くの人に見てもらうコンテンツを作成することは、より多くのアクションを引き出すために重要な作業です。
検索エンジンにおける検索件数を数値できちんと測定し、多くの人が求めるテーマを洗い出して執筆するようにします。
●検索ワードの表記方法にも注意を
同じ意味を持つ単語でも、検索ワードとなると全くその意味が異なってきます。例えば住宅関連の情報を提供するサイトで、「一戸建て住宅」と「一戸建」は意味が同じでもワードの検索件数が違ってくるのです。
日本語は、ひらがな・カタカナ・漢字、そして送り仮名によって、同じ意味を持つ複数の単語表記が可能です。このどれを選択して検索ワードトするかによって、サイトの動き方と集客率に違いが出てくるという事を踏まえて表記ワードを選ぶ必要があります。

○一過性でない検索ワードを絞る

おうんど③
一度アップしたテキストコンテンツは、公開した直後からある程度の鮮度を持って、将来につながるようなテーマである必要があります。
基本的な内容は、ベースとなるサイト制作時にきちんと説明を施し、流動的でキャッチーな内容を、その時々に配信することで、ニーズの変化に対応していけるようにしておきましょう。
Googleアドワーズで提供している無料ツールの「キーワードプランナー」などを用いて検索件数をチェックし、関連キーワードもあわせて吟味すると非常に参考になります。

○競合をチェック 勝てるキーワードに

ああ
検索エンジンの中で、同じキーワードを検索ワードとして選んでいるサイトとの競合するシーンを想定しておくことは大切です。
重複する内容だとその差が分かりづらいので、公開するタイミングとその内容でアクション率が高くなるような集客可能なキーワードをピンポイントで絞れるかがサイト効率に大きく関わります。

○情報の裏付け 関連情報を収集

seo5
ひとつの検索ワードにたいして、盛り込むコンテンツ量はおおよそ限られます。一般的に知られている内容も含めて、情報収集を行った量が多いほど記事の信ぴょう性も増し、コンテンツとして充実したものになります。
ひとつの話題から、次のテーマを提供し関連付けてコンテンツを展開していけるような、内容のつながりと幅広さを残し、正確で豊富な情報を元にして1コンテンツを作成していきましょう。
●Googleトレンドを使って将来性をチェック
検索状況は、時間帯や地域別によっても大きく異なります。狙ったターゲットをきちんと選定し、そのターゲットに向けて的確にコンテンツを配信するために、トレンドチェックのグラフを参考にすると良いでしょう。
対象キーワードを入力すると、その候補とした検索ワードの推移をグラフ化してくれるうえに、予測チェック機能も付いており、およそ1年先の検索予測まで表示されます。
急増する様子を表すグラフ(急上昇している折れ線)は、その後一定のニーズがあるか又はニーズが全くなくなるかの見極めが肝心です。
緩やかに右肩上がりのグラフを描く検索ワードを上手に選ぶことが成功のポイントです。

○まとめ

検索ワードを選ぶには、ニーズに合致して表記を誤らず、将来性のあるものというのがポイントとなります。
一過性のものではなく、次のニーズに繋がるような関連した話題の情報収集も含めて、検索ワードの選定を行いましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.