メタタグdescriptionのクリック成果を上げる書き方

ああqw

Descriptionは、SEO対策の必須項目の一つで、検索結果のサイトタイトルの下に表記される「サイトの説明文」の役割を果たします。
説明文をおろそかにしていると、ユーザーはその内容を見て閲覧を避けてしまう可能性もあります。魅力的な文章でサイトの説明や概略を伝えることができれば、クリック率も上がるでしょう。
効果を上げるために、メタタグをきちんと整備しましょう。その中で、サイト概略となるdescriptionの内容も見直してみるとよいでしょう。

○メタ要素でも目に見える文章

cc0160170531_TP_V
一般的にメタタグは、そのサイトの構成や文書構造を構築するために記述する要素の一つです。
Head部分に記述されるので、本来ならユーザーには見えない部分の文言ですが、このdescriptionはHTMLでありながら、説明したい内容を検索エンジン内で読むことができるという特徴があります。
これはサイト内のコンテンツとは全く異なる概念で、コンテンツの充実を図ってSEO対策を行うのと同時に、追加ページ毎に説明を付していくのが良いでしょう。
●記述の方法
<head>
<meta name=”description” contents=”(このコロンで挟んだ部分に説明や案内文書を記入します)”>
どのwebサイトも、まずhead部分で文書構造の宣言を行い、そのうえで様々な文章や写真を閲覧提供することができます。ページに沿った内容のコンテンツがあるか、それぞれに掲載した写真が、きちん表示されたことが確認できれば、そのwebサイトは優良なサイトだと評価が高くなります。
●もしdescriptionをいれなかったら
メタタグの中でも非常に大切な役割を担っていることになりますが、仮に万全な対策を行っていても説明文が抜けてしまったら・・と不安になる必要はありません。
かつては、外部対策でリンクの獲得をし、自社のランクを相乗してあげる「表面上の対策」でも大きな効果が得られていました。そのため、自社のサイトの内容云々ではなく、キーワードの羅列など、descriptionの中身が希薄なものが非常に多かったものです。
かつての「キーワード重視」なSEOを行ったままではペナルティ対象となるので、直ちに文章化し、適切な説明を挿入する必要がありますが、もし説明文が挿入されていない場合、検索表示にのって可視化できるようにクローラが機械的にそのサイトの要約文章を抽出して表示してくれます。

○SEO評価の重要度は低くなっている

cc0160152234_TP_V
現在のGoogleアルゴリズムの中においては、かつての外部対策を一層する目的もあって、descriptionを重視する傾向は弱まりました。
しかし、きちんとした説明を施しておくことで、サイトの内容を確認することが容易になり、webサイトのクリック率を上げるには十分な役割を果たします。
●長すぎる説明は不要
サイトの説明をする時に、その概略をしめすことで閲覧数を伸ばす効果を期待しますが、丁寧で長い説明文にするより、端的にそのサイトの内容を把握できる程度の文章量にすることが望ましいです。
検索エンジンでは、表示文字数に限度があります。途中から「・・・」で省略されてしまう要約では内容を把握することができません。
およそ100文字以下の文章量で、キーワードを含んだ概略をページ毎に記述しておくのが理想的です。

○まとめ

メタタグのなかでもdescriptionは、サイトの紹介を行うために最適な手段です。かつてはSEO対策の必須として珍重されていましたが、現在はかつてほどの効果は望めないでしょう。
しかし、ページ毎に丁寧な概略を明示することで、クリック率を上げる効果は多いに期待できます。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.