メタキーワードを書けばSEO対策になるのか

10

メタキーワードは、SEOの内部対策を行う上で、必要不可欠の要素です。これまで、自社のホームページを外注していて、全くSEOの知識がない人でも、メタキーワードという言葉は何かしら見聞きしたことがあるのではないでしょうか。
実際には、どのような事をして、どんな効果があるのか。その中身を知っておくことで、自社のwebサイトに対するコンバーションや費用対効果も更に意識し、理解を深めることにつながります。
ホームページやタグ、プログラムが分からないから全て政策会社にお任せしているという担当者の人は、ここで一度基本的なSEOとメタキーワードについて知っておくとよいでしょう。

○メタキーワードの役割

max16011550_TP_V (1)
メタとはHTMLの要素タグのひとつ、という説明をすると、理解に苦しみそうな文字が沢山出てくるのではないかと不安になるでしょう。まずHTMLというサイトを作るために必要なプログラム言語を用いて、webサイトはつくられます。その中で、どんなキーワードに対して検索エンジン(Googleやyahoo、bing)が反応して、検索した時に自社のサイトを表示するか、を教えてあげる役割を持っています。
このメタキーワードをサイトの中身(サイトを形作るためのプログラムの中)に書き込んでおけば、検索エンジンの調査ロボット(クローラ)がサイトの中身を読み込んで、ページ毎にどんな内容だったかを記録するのです。キーワードと読みこんだ中身が一致しているかどうかという判断材料としてもメタキーワードが働きます。

○書くだけではNG 関連した内容が大切

3
メタキーワードは、一つのサイトが最も重要だとして狙いを定めたキーワードの事。そして、サイトの構造部分では、一つのサイトに含まれるファイルやコンテンツ(文章や写真等の中身)を検索エンジンに整理して保管させるための目印となります。
●メタキーワードの効果を上げるということ
自社のホームページを作ったまま、後悔して以後長らく放置していると、公開直後は活発に動いていたビュー数も次第に減っていきます。目新しさや、検索をする人たちにとって価値がある中身(コンテンツ)がしばらく更新されていない状態が続くと、他の同じキーワードをターゲットにしているサイトに順位をこされてしまうのです。
「サイトの内部にはメタキーワードが仕込まれている、このキーワードを入れておけばSEO対策になってランキングでも上に表示されやすい」などという話を、web担当者としたことがある人は少なくないでしょう。
ただ、メタを挿入しただけでは、効果は生まれません。
●連携をさせる
メタキーワードと、別の要素を組み合わせることでSEO効果が生まれるという事を意識してこれから更新を行うと、効果がじわじわと上がってくるのを実感する日も遠くないでしょう。
まずは、ページタイトルにメタキーワードを含めることが大切です。検索エンジンは、そのサイトの情報や中身がメタキーワードと関係のあるものかどうかを、他の要素であるタイトルや見出し文、強調したい言葉(strongタグ)に使われているかどうかで判別します。なので、ページタイトルや、コンテンツ(文中)の強調部分にメタキーワードと同じ言葉を使う事が、何より大切です。

○まとめ

SEOの知識がなくても、メタという言葉は知っている人が実は多いです。そして、適切なSEO対策を行うためには、メタキーワードをプログラム言語の一部であるタイトル等に含めるという作業がとても大切になります。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.