metaタグの記述とSEO対策のポイント

cc0160170659_TP_V

metaタグといえば「SEOの基本のなかの基本」というほどに、webサイトの最適化を行う時に真っ先に上がる対処法です。
そもそも、メタとは要素を示すタグで、この「metaの後にどの要素を指定し、その結果をどのように返すか」というのが記述方法となります。
SEO対策をする=metaの記述をすればOK と言うように、かつては神業のようにメタの記述について紹介されていたこともありますが、現在はこのような神話的効果はほぼ無いと言ってもいいでしょう。
実際に、meta name=”keywords”の設定については、直接的なランキング評価には関わらないというGoogleの指標も公開されていますし、metaに過剰な期待をすることは万全なSEO対策とは言えません。
もちろん、メタの記述を省略するべきではありません。このタグを書いておけば、検索エンジンが巡回した時に、情報を正しくインデックスされる効果が高まります。
そして、ディスクリプションは、そのサイトの説明文を表すうえで、閲覧者に訪問を促す効果を引き出します。
SERP上の誘導効果を高めるという点で無碍にはできませんが、これも確実に順位ランクアップが期待できるという魔法の呪文のような効果は期待できないという事を理解しておきましょう。

○ブラウザに表示されるmetaの効果的な使い方

1
メタタグそのものは、普段ブラウザやモバイルに表示されることがない構造を構成するためのhtmlタグですので、一般的には一目に触れることがありません。
しかし、先に紹介したdescriptionとtitleは別です。この二つは、サイトやSERP(検索結果を表示するページ)で指定した文言がそのまま表示されます。
ただ、コンテンツや更新データと同じように直接表示されるものと同等に扱ってはいけません。メタは閲覧者に向けてではなく、webサイトの情報を検索エンジンに向けて発信しています。そのため、記述に一定のルールがありますので、このルールを守りながら適切に判定されるように記述しておきましょう。
●descriptionは同一の内容にしないこと
メタタグは、ただ記述しておけばSEO対策として充分という訳ではなく、記述の内容に依ってはマイナスに働くこともあります。
その一つがdescriptionです。前述したとおり、検索エンジン表示ページでこの記述内容はページの説明文として表示されるため、この要約を見た閲覧者がサイトやページにあるコンテンツを求めて訪問するための案内になります。
しかし、descriptionはページ毎に異なる内容を記述するようにしましょう。全く同一の説明文を記述した場合には、先にインデックスされた内容と重複していると判定されて、後に追加したページがインデックスされない可能性が高くなります。
内容が異なる情報を、随時追加してインデックスすることで、新たなページや内容が追記されて行きますのでその効果を引き出すためにも、コンテンツ同様に細やかな情報提示をクローラに対しても行っておくべきでしょう。
●titleこそ慎重に決定を
Titleタグは、検索結果とブラウザの上部(タブ部分)に表示されます。書き順が異なるだけでも順位が変わるほどの影響力がありますので、タイトルを決める際はむしろ取り扱いを慎重にしましょう。
社名や地域名を必ず入れること。そして、キーワードは何度も繰り返さないこと。接続後を省き、優先したいキーワードは左(冒頭近く)に寄せること。
これが守るべきタイトルルールです。テキストコンテンツのようにきれいな文章を書こうとして洒落たタイトルを付けるよりは、シンプルで分かりやすく、極力短くすることでインパクトを与えるタイトルを付けましょう。長くなるだけ冗長文字判定のリスクを負います。

○まとめ

SEO効果そのものは薄くなってきていると言われるmetaタグですが、記述を完全に省略してしまうと検索エンジンのインデックスが正確に成されません。かつては神業のごとく珍重される風潮がありましたが、必要最低限守らねばならないルールを順守して無駄を省きながら効果を得られるようなmetaタグを仕込む事が重要です

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.