スマホ対応のwebサイト html挙動のテスト注意点

OOK161100444_TP_V

2015年の4月から実施されているのが「モバイルフレンドリーアップデート」です。
モバイルフレンドリーなページを、googleが検索ランキングのなかで上位表示をさせるというものです。
そこで、実際にモバイルフレンドリーがきちんと実装されているかどうかをきちんとテストしなければなりません。モバイルフレンドリーテストは、googleが指標となるように公開をしています。実装を完了したら、一度試してみましょう。

○スマホ対応サイトとみなされるのは

iphonereview10_tp_v
モバイルフレンドリーというアップデートは、PCとスマートフォンの検索結果が、スマホ向けに対応されたサイト、ページであるかどうかが基準となっています。
●モバイルフレンドリーとは
ズームまたはタップなどの操作をしなくても見やすく、テキストが読みやすい。タップターゲットが適切な間隔になっている。横スクロールを発生していない。全てがきちんと再生されるコンテンツである(エラーコンテンツがない)。このような条件がそろっているスマホ対応サイト(モバイル端末を選ばない)をgoogleが評価の指標としているポイントです。
際立った条件やクリアせねばならない詳細な設計ポイントがあるわけではなく、スマホ対応の表示に配慮をしていれば特段対応自体は難しいものではありません。

○スマホ対応に過剰反応は禁物

web86_bonpower20150207120628_tp_v
突如モバイルフレンドリーのような目立つアップデートが行われると、新着目点として非常に注目をされるものです。確かに検索の順位変動に関わる条件として加わったのは確かですが、これまでにもgoogleアルゴリズムとして公開され、実際にアップデートを繰り返しているものが200を超えていることを考えると、このモバイルフレンドリーも要素の一つとして範疇に入れておくべきだという程度に考えておくほうが無難でしょう。
●モバイルフレンドリーとインデックス
レスポンシブwebサイトの場合は、同一のURLを用いて、各ブラウザの表示方法を変える切り替え出力をhtmlタグを用いて行います。
べつのURLでスマホ対応を施している場合、またサーバーサイドでデバイス判定を行ってhtmlの切り替えを行って表示をはき出す場合は、特に注意して周辺テストを行う必要があります。
●別URLでスマホ対応を行った場合
それぞれのURLが別サイトとして認識されることになるという前提をまず理解しておきましょう。そのうえで、二つのサイトを関連付けて制作段階で設計対応しなければなりません。Googleの検索でPCのみ、またはスマホむけページのみの表示がされる可能性もあるという事です。Htmlでのリンクタグ・サイトマップファイルに記述を追加してこれらの対応をすることになります。
●同一URLでPCとスマホを切り分けている場合
ユーザーのエージェントによってHTMLの出力を切り替えている場合は、googleが「botに対してそれをきちんと通知する」ことを求めています。CMSで動的なHTMLの切り替えを備えている場合はさほど問題になることもないようです。しかし、独自にサーバーサイドシステムを作っている場合は注意しなければなりません。

○まとめ

スマホ対応のサイトがgoogleの検索上位表示のための条件としてアルゴリズムに加わりました。しかし、これは数あるアルゴリズムの中の一つにすぎない事、また今後はこのようなモバイルを選ばないサイト表示がスタンダードになっていく事を考慮してサイト設計を行うべきという指標を示しています。
HTMLの記述とマルチモバイル対応の方法は主に2つありますが、URLを同一にして設計する場合と、それぞれのURLを別に作る場合で注意するべき点が異なります。別のサイトとして完全独立の順位ランクではなく、相関性のあるサイトだと認識してもらうようにモバイルフレンドリーテストを行いましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.