Meta descriptionとは 検索エンジンの評価要点

CSS85_mbakubiwokashige20131019_TP_V

Webサイトをよりよくするための「ユーザビリティ」に対する考えや実装は、時間がかかりますが着実に検索ランキング上位を狙える有効なSEO対策です。
Googleが公表するアルゴリズムは、web業界一般的に「SEO対策の指標」と受け取られがちですが、このアルゴリズムを実装すれば、結果として利用者がストレスなく、スムーズな軌跡でサイトを閲覧したり、目的の情報をより多く獲得したりできるサイト構築が完成されるようになっています。
検索エンジンを利用することよって、欲しい情報へすぐにたどり着けるのは、ユーザビリティ(使用性)を高めるアクションです。そして、検索ランキングが適切に順位付けされるように、またその中で有益なコンテンツを多く配信することによって上位を狙えるようにするために、検索エンジンが評価を容易に行えるような設定と仕込みをしておく必要があります。

○Meta 要素タグのdescription

ook86_alpha15142320_tp_v
検索エンジンが、適切にwebページを評価するために、とても重要なタグがあります。Htmlで記述するなかの、タイトルを指定する(title)タグ、見出しを指定する(h1)タグ、そして、紹介文を指定するmetaタグの中のdescriptionです。
特に、ページの紹介をするMeta descriptionは、他のコンテンツのようにページにアクセスして初めて表示されるのではなく、検索ランキングの中で、webサイトにどのような情報があるかを知らせるための文章です。
この紹介文を見て、ユーザーはwebサイトを閲覧しようかと考え、訪問というアクションを起こします。
Meta descriptionは、検索ランキングで評価・表示されるための前提であり、更にサイトへ誘導するためのキーとなる非常に重要な要素なのです。

○Meta descriptionはページ毎のランクを意識して

53d6cfae0180c5d91ce80257a393369d_s
全てのページにMeta descriptionを設定することはもちろん行うべきですが、この紹介分の内容について、あまり注意深く考えずに文章を記述しているサイトページが実際に多く見受けられます。
文章の内容を今一度見直してみてください。そして、ページにどんなコンテンツを入れ込んだかを合わせて確認してみると、何をすべきかが見えてきます。
●詳細設定で同一の記述はNG
トップページで記述する「webサイトの紹介」のdescriptionが、同サイト全てのページ紹介と共通しているwebサイトが多いというのが実情です。これは、CMSを使用しているページでよく見かける現象ですが、制作の手軽さが売りのCMSは、あらゆる設定を簡素化して漏れなく行えるようにデフォルトされていることが往々に有ります。
あまりタグやコードの知識がなく、直感的に画面操作でwebサイトを制作した人が陥りやすいSEO対策として、「全ての詳細ページでタイトルや見出し、紹介文を同一にする」ことは大きなマイナスとなります。
それぞれのページには、製品・サービス内容など、別のコンテンツを仕込んでいるはずなのに、すべてのディスクリプションが同じという事はあり得ません。ページ毎の紹介文を個別化することで、検索エンジンがページ毎に評価をすることができるようになります。

○まとめ

ユーザーのニーズにこたえるために、webサイトのページ一つひとつに詳細な設定を行って構築することで、検索エンジンも認識しやすいページやサイト作りをすることができます。
ランキング狙いからのSEO対策ではなく、ユーザビリティを追求することで結果上位ランキングに派生するのが理想的なサイト制作です。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.