必要?metaタグのkeyword SEOのキーワード取扱いは

YOSX9777_TP_V

サイトの構築と運営を行う上で、欠かすことができないのが「適切なキーワードの選定」です。検索エンジンのなかで、自社のサイトを表示させることに力を注ぐ条件として、狙ったキーワードで検索ヒットさせることが何より、サイトを活かすための重要な課題となるでしょう。
自社のサイトを閲覧してもらうために、どのようなキーワードを選ぶか。これはとても大切ですが、キーワードを決定して、どうやってサイト内に織り込めば、有効に機能するかというのが問題です。
そのために注目されていたのがメタ要素のkeywordをhtmlのheadセクションに記述するという方法。ただし、現在はこの方法が有効に機能するタグではないという事をご存知ですか。

○Googleサポートの対象から外れたkeyword

a0003_001832
メタキーワードを記述することが必ずしも全く無意味とは言いきれません。実際に、長く運用しているサイトでは、このkeywordを記述したものも多くあります。
Htmlの実装では、文書宣言をするheadのセクションでそのページやサイトの中核となる情報を検索エンジンに伝え、その情報を読み取りに訪れた巡回ロボットがインデックスすることでサイトの判定を行います。
●Googleはメタタグのkeywordをサポートから除外
文書構造の要素としてkeywordがありますが、検索のランキングに反映されるかどうかは別問題。特に検索エンジンの指標となっているGoogleのロボットでは、このkeywordタグをサポートから除外しているということを考慮すると、この記述はSEO観点から見れば意味をなさないという事になります。
実際に記述をしていたとしても、keyword情報は読み取らずに無視されます。という事は、記述してもしなくても、現実的にはランキングに全く反映されないという事です。
しかし、headの中に記述された情報がどのようなものか、その中身はロボットがインデックスしやすいようにシンプルに最小限で最大の効果が得られるように記述されているか。これは重要なポイントです。
●headセクションをシンプルに記述
ロボットがheadのセクションの情報を元に、新規ページの内容や追加情報を読み取ります。新たに追加された情報を巡回するたびに書き換えていきますが、head部分の内容が重複していたり、余計なタグが多く含まれていたりすると、クローラの読み取ろうとする情報がそれだけ多くなります。
沢山の情報から実際にインデックスに必要な情報を抜き出すために時間がかかると、それだけでページの評価は下がります。クローラに対して適切に情報を伝えようとする配慮が足りず、headから有益なサイト情報を抜き出すことができないと判断されるからです。

○ターゲットキーワードをどのように埋め込むか

4466865488_4cbce44b68_b
メタタグのkeywordが有効に機能しない可能性が高いというのが実情である中で、ターゲットとしたキーワードをサイト情報として登録するためには、タイトルとコンテンツに埋め込んでいくという手法を取るのがベストです。
●メタタグでtitleはサポート対象
どのようなサイトの内容かを記すため、またwebサイトで提供する内容の主力はこのキーワードだと明らかにするためにも、タイトルは必ず入れるようにしましょう。
随時更新してページを増やし、コンテンツの充実を図ることもサイトの運営には欠かせない作業ですが、追加したページのテキスト内にも狙うキーワードを随所に入れて、検索にヒットするための要件を確実にクリアしていくというのが取りうる手段でしょう。
メタのキーワードと、ターゲットとするキーワードの狙いとしては同じものであっても、SEO対策として取るべき手段は異なりますので、混同しないようにしましょう。

○まとめ

SEO対策の要として当然の用に記述されていたかつてのkeywordタグですが、現在はGoogleのサポートタグから外れているので、無理に記述をする必要はないでしょう。実際に記述したとしても、検索ランキングの評価要件にはならず、インデックスの段階で無視されると公表されていますが、今後どのようにkeywordが作用することになるかは分かりません。
常に、最適な状態を保ち、アルゴリズムやサポートの変化に柔軟に対応することが何より大切です。機会・タイミングを外さずに、適時必要な更新とメンテナンスを行うようにしましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.