Web広告を掲載する効果 会社の目的を明確に

green_ka20140125_tp_v

売り上げが良くない、広告を売っても効果が見えない。これまで新聞への折り込みや地方紙の掲載ばかりで広告を売っていたが、継続性がない・・・
 このような結果にばかり着目して、次の一手としてweb広告を検討しているならば、一旦立ち止まって検証するべき点をきちんと見極め、会社の現状と広告の掲載方法について改めて検討する事が大切です。
 単純に自社の製品や特徴をアピールするだけが良い広告とは言えません。消費者の目にとまったとしても、それから先のアクションを引き出すために有効なインパクトを与える内容になっているか、その効果を実測して次に活かすことができるかという事を考えて検討するようにします。
 アクションや効果が見えやすく、短サイクルで対策が打てるという点でも、web広告を掲載するのは非常に有効です。

○web広告を引き出すための手順

hw20160708082316_tp_v
 広告の効果を上げるためには、その広告によって狙うターゲットを設定し、そのターゲットに向けてより確実にアプローチを行うことを前提に企画を立てる必要があります。
 昔ながらの手法で、自社担当者に掲載内容やレイアウトを考察し、それをただ載せるだけでは、期待する効果が生まれにくくなります。
●web上で広告活動を始めるメリットを考える
 Web広告の掲載を考える時、まずはインターネットマーケティング全体を通して、目的や目標またその役割をはっきりとしておくことが必要です。
Web広告を企画する目的はなにか・どのメディアにどのようなメッセージを送るのか・その期間や規模をどの程度にするか。あまり広告に携わったことがない担当者の場合、全てを広告依頼会社に丸投げしてしまいがちです。またこれまでにweb広告と馴染みのない企業の場合、踏み込んだ話がしづらく、依頼先の広告会社のいいなりになってしまう事もあります。
広告を出稿するメリットと効果が得られなければ、どんなに素晴らしい案も失敗に繋がります。どんなに高い宣伝費をつぎ込んでも、目的がはっきりしていなければ効果を計る事はできません。望む効果を引き出すために必要な条件を、きちんと出稿元の会社側が設定し、明確にしておくことが最も重要です。
●PDCAサイクルとweb広告効果
 Web広告の利点は、ユーザーの起こしたアクションや広告閲覧の状態を、その時々で確認する事ができる所にあります。
 これがテレビ視聴や紙媒体での広告の場合、購入という最終目標に対しての効果は計ることができますが、実際に広告を見て購入しなかった消費者の実態数値はあいまいなままです。広告を見たかどうか、その広告を見て次に(他の情報を集めるために起こしたアクションや比較する様子)行った行動をweb広告ならば全て数値化して検証することができます。
 離脱、直帰、比較、自社サイトへの流入方法、どのサイトから広告を見たか。これらを検証し、実践確認して更に改良したものを導入(PDCAサイクル)して、トライ&エラーを繰り返すことでノウハウを蓄積することができます。

○まとめ

Web広告を掲載して得た実績データは、自社オリジナルの貴重なデータです。広告だけではなく、販促に活かせるあらゆるデータを蓄積することもできます。結果として、広告効果を上げて売り上げ実績やサービス提供に広く活用することができるようになります。
明確な目標や活動目的を定めることで、単なる広告手段としてではなく、マーケティングを元にweb広告を考えることで、それ以上の効果とデータを得ることに繋がります。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.