web広告で集客するための媒体まとめ

PAK752_miyakomac14120023_TP_V

インターネット業界では、その閲覧と検索を促すためにあらゆる方法やテクニックがありますが、同様に効果的な閲覧を促すための広告を活用する事は外せない常識となりつつあります。
 Web業界の技術が進化するにともなって、web広告の媒体も多様になっています。

○web広告媒体の種類

SEO
 Webページの合間、または検索エンジンの結果表示に挿入するweb広告の媒体種類を待まとめていきます。
 自社が出稿するスタイルに合致しているweb広告はどれか。どの媒体を活用して拡散を狙うか。セールスしたい商品や、閲覧を伸ばしたいページなど目的に合わせて最適なweb広告媒体を選ぶようにしましょう。

●リスティング広告

 リスティング広告は、自社の商品購入に関連しそうな検索キーワードを入札する形式で値段付けしていきます。そして、ターゲットにしたキーワードと合致するweb広告を出稿します。比較的初めやすい広告として、利用する企業規模も中~大企業と幅広く、入札キーワードの多い企業になると数十万個ものワードを購入すると言います。
 入札する方法で広告単価のベースが決定するため、少ないweb広告料から始められて導入がしやすいのが特徴です。月に数万円単位の広告料でスタートする事も可能です。
 検索連動型広告(検索エンジンで検索した時の結果と表示を連動させる)と、コンテンツ連動型広告(ニュースやブログなどサイト閲覧コンテンツと連動させる)に大別できます。

●ディスプレイ広告

 あるwebページを見ていると、ブラウザや端末の端に表示される画像やテキストに目が行く事があるでしょう。まさしくそれがディスプレイ広告です。
 サイドバーやブラウザの下部にバナー表示がされる方法でweb広告を設置しますが、最近では、メディアやニュースサイトの間に流れる「インフィード広告」が増えてきています。
 Web広告媒体の表示枠を購入する「純広告」もディスプレイ広告の一つです。また、複数の広告枠をネットワークとして束ねたアドネットワークや、ディスプレイネットワークも同じカテゴリと言えるでしょう。

●アフェリエイト広告

 アフェリエイターと呼ばれる人のブログやサイト上にあるweb広告スペースへ、web広告を出稿してもらうためにASP(アフェリエイトサービスプロバイダー)へ登録をし、サイト運営者に選択してもらうweb広告の出稿方法です。
 この場合、掲載条件を出稿企業側で設定し、出稿するかどうかはサイト運営者が決定するというのが特徴でしょう。サイト運営者が魅力的だと感じないweb広告であれば、広告が掲載されず、アフェリエイターが魅力的だと感じても、実際に結果につながらないという事例は多いのも事実。反対に、人気のあるブログやサイトに掲載され、想定以上の効果が上がったという事例もあります。

●動画広告

 ここ数年のYouTubeを始めとした動画広告のニーズと広がりは目を見張るものがあります。Web広告媒体としても目を引き付けやすく、記憶されやすい、多くの情報を映像と音声、文字を活用してユーザーに発信することができるというところが利点です。
 当初は制作費が高く、効果を期待できないという声もありました。最近は制作費も落ち着き始め、認知度が高まったこともあり、web広告で伝えたい内容や戦略がきちんと映像として形作られれば大きなコンバーションにつながるweb広告媒体です。

○まとめ

 Web広告を出稿するには、その内容や目的に応じて、また企業側の事情(宣伝広告費予算や制作数、制作費用)に併せて、より効果が期待できる広告媒体を選定するようにしましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.