Web広告を勉強するならプロを目指そう

PAK752_miyakomac14120023_TP_V

web広告の制作は、イラストレーターやフォトショップ、動画制作ツールの技術を習得すれば、誰でも作ることができます。簡単なテキストや画像貼り付けなどの操作で、直観的に処理することができる便利なオープンソースも存在します。
制作するための勉強を行うなら、web広告の仕組みや構成を生み出すことができるスキルも合わせて習得しましょう。

 

○web広告の見せ方と必要なスキル

freee151108519450_TP_V

どんな商品をどのようにアピールするか。これがweb広告に限らずあらゆる広告に必要な、見せ方にまつわるスキルです。広告を出稿するからには、認知度を高めて購入や申し込みというアクションを引き出すことが最終的な目的となります。
その最終目的を達成するためには、きれいなweb広告を作ることができるスキルだけが必要なのではありません。既存の広告スタイルを前提に、奇抜でキテレツなインパクトを求められることもあるでしょう。
このように、デザイン制作のテクニカルな部分を勉強し、習得しようと取り組む人もいますが、広告制作場面で必要なスキルは技術だけではなく、様々な手法や運用に対する理解も大切です。

 

○web広告を勉強し得たいスキルは

risarisa20141018093713_TP_V

web広告を学ぶ場合、求められるテクニックを想定すると、必要となるスキルは大きく分けて「技術スキル」と「ユーザービリティの理解スキル」が考えられます。
制作をする技術スキルには、先にも紹介したように、それぞれのweb広告の手法を理解し運用するためのスキルや、広告予算や分配選定・マーケティング全体の設計という運用全体の理解能力があります。
ユーザビリティには、感情や行動に対する理解と、行動を誘発するメッセージや機能によってどのようにユーザーの行動が変わるかをシミュレーションして実施するトリガーの理解が必要です。

 

○テクニカルオペレーションにプラスするスキルを勉強

実際には、web広告を制作する担当と、その広告の構成やマーケティングを担当する人は別々で分業を行うという場合が一般的です。マーケティングをもとに制作の構成担当者が練ったプランのいくつかを、実際にweb広告デザインに落とし込んで、その中から実際に採用するものを決定したり修正したりして、一つの広告が完成します。
ただ、企画をする担当者は制作スキルを、制作担当者はマーケティングやデザインの事例、傾向やトレンドなど、互いにかかわるスキルを常日頃から意識して勉強しておくべきでしょう。
単純に言われた構成や修正を実装するなら、それは単なる制作代行のオペレーターや人工知能と同じです。企画案に落とし込まれた内容を、制作側でも検証し、アイデアを発案したりアドバイスすることができれば、より良い広告を生み出すことにつながります。

 

○まとめ

web業界は、日々何かしらの進歩や進化があります。傾向が変わり、流行が起これば求められる商品や広告もそれに伴って変わっていく時代です。
日頃からあらゆる情報や傾向のリサーチをし、自分の役割分担以上のスキルを身に着けられるようにアンテナを張って情報を集積させるように心がけておきましょう。
web広告出稿までに必要なスキルを最低限勉強し、実際に(コンペに出稿してみたり仮に架空商品でも)どんどん作ってみることで、デザインの特徴や法則を自然と身に着けることができるでしょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.