web広告で収入を得る仕組みと相場について

AL001-eoreonaka20140830_TP_V

広告を出稿すれば、宣伝広告費用が発生するというのは当然に理解することができます。しかし、インターネット上で表示される広告がどのような経緯で表示されて、またweb広告収入を定期的に得ている人は、どんな方法で収益を実現しているのか?
閲覧する立場のユーザーとしては謎だらけではないでしょうか。ただ、ホームページやブログ、SNSをオリジナルで立ち上げて、web広告収入を得ている個人ユーザーもいます。一体どれだけの広告を扱って、どれほどの収入があるのか相場も気になるところでしょう。

 

○サイト運営者とweb広告掲載をつなぐシステム

AL0012-uwamedukaiol20140722_TP_V

 

企業が独自のwebサイトを運営している場合、サイトそのものが広告媒体となります。それは公式サイトとして必要なものですが、ただ自社のサイトだけで集客を狙うのは非常に困難です。
そこで、他のサイトに自社の広告を載せ、リンクからジャンプしてもらい訪問を促すというのが通例です。このリンク先を各自で探して、契約をするというのもまた非常に効率が悪く、手間のかかる作業ですが、広告掲載を望んでいるブログやサイト運営者と、企業を結びつけてくれる「アフェリエイトサービスプロバイダ(ASP)」を利用すれば、サイト運営者がその目的や掲載商品の魅力を感じるものを選び、自身のwebサイトに出稿をしてくれます。

 

 

○web広告を掲載すれば収入になる?

AL301_nekutai0420140830131916_TP_V

 

アフェリエイターと呼ばれるサイト・ブログ運営者は、自分のサイトに掲載するサービスや企業、商品を選んで、クリックまたはコンバーションなど報酬発生のカウントとなるアクションを引き出すようにコンテンツを制作します。
広告出稿と費用の関係は、アフェリエイト報酬のためのアクションを指定し、選択した広告からアクションがあったアフェリエイターに対して、報酬が支払われるという相対関係をASPが仲介します。ただ、ASPを介して広告出稿を狙っただけでは、企業側が想定した表示数に到達しない、アフェリエイターもリンクを張ったのに収入につながらないということが起こりえます。

 

 

○サイト運営者収入に直結 web広告の選択と内容

アフェリエイターにすれば、選んだweb広告の内容を魅力的に伝える努力をしなければクリックや元サイト誘導につながらず、出稿元の企業はアフェリエイターが魅力を感じるような商品、または成果を生み出せそうな広告内容でなければ、掲載対象に選ばれないということになります。
一度のクリックを引き出してアフェリエイターが得ることのできる報酬は数円~数百円と幅があり、金融商品になれば単価がぐんと上がります。その積算で収入が決まるアフェリエイターの収入相場は、およそ5000円から30000円程度の人が大半です。成功を収めている人はほんの一握り、web広告収入一本で生計を立てるためには、継続したサイト投稿や商品充実などのメンテナンスが欠かせません。

 

○まとめ

出稿広告が魅力的で、またその商品やサービスが良いと、選んでweb広告を掲載したアフェリエイターの収入に直接的にかかわります。同類のサービスや同業社商品との差別化を図り、オリジナリティがある商品や広告を形にすれば、企業規模の大小にかかわらず成果を得ることができる可能性も高まります。
企業単位で広告契約を行うよりも手軽に、また成果に応じて報酬を支払うためその効果も可視化できる点で、ASPを利用する企業も多いようです。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.