不動産は商品として扱う web広告を活用して成約率up

Green6_huropc20141123161454_TP_V

いろんな情報収集のために、インターネットを活用する人は多いでしょうが、日常的に必要なモノやサービスを探す場合と、期間を限定して多くのニーズが発生する場合によって、その検索シーンも変わってくるでしょう。
より多くの情報とサービスを提供したい業界の中の一つ、不動産会社のweb広告について考えてみます。

 

○物件を検索するニーズに対応する方法

Green8_gomicap20141123131400_TP_V

不動産会社は、昔から「地域密着型」というイメージがありませんか。一定の限られた地域の中に、どれだけの物件があるかというのは、その地域に根差した不動産会社しか知りえない情報…だと思われていました。でも、実際にはそうとも限りません。

 

○価格が明確に打ち出せる不動産web広告

Green3_jisya20141123174652_TP_V

REINSに物件登録をすると、通常取引されている適正価格で販売を行おうという機構の管理がなされるため、売主が不当に損をしない、管理がずさんにならないというメリットがあります。
不動産会社にとって、これはおおきなビジネスチャンスです。転勤先で中古住宅を探している人にも、地元で引継ぎをしている間に次の住まいをあっせんできるチャンスが発生します。

 

●地域格差の溝を埋める不動産web広告

全国どこにいても、不動産物件を検索することができるということは、地方にいてもニーズがあれば全国の物件の中から特定の好物件を紹介することができるということになりますね。もちろん契約には立ち合い・仲介等直接取り交わさなければならない事柄が多くあります。
しかし、遠方の物件も地元で検索して目星をつけることができるということを、多くの人は知らないのではないでしょうか。近隣にある物件のほかに、全国の登録不動産を検索できるという点も推しポイントになるでしょう。幅広い取扱いをアピールすることができます。
不動産に関連するweb広告は、その地域と価格、間取りが大きなポイントとなります。住まいにまつわる検索はそのニーズがある春と秋が勝負です。この期間に、集中して不動産をアピールする戦略を中心にしてweb広告の構想を練りましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.