押さえておきたい オウンドメディアのメリットとは

N112_sukejyurucyouseicyu_TP_V

宣伝ツールとして、今最もホットなのはSNS系ツールを使った「ア―ンドメディア」でしょう。なじみがあるのはソーシャルメディアという言葉かもしれませんね。

スマートフォンやタブレットで知りたい情報を的確につかんでもらう、または潜在的なニーズをくすぐるために、気になるユーザーや発信者としてフォローを狙い、フォロアーに向けた情報の更新で以って、新たなテキストやフォトコンテンツを魅せる。この目的と目標を持って、SNS系ツールの更新を中心に行う企業のweb担当者さんもいるでしょう。
これほどにソーシャル系の更新やユーザーが急増すると、「これだけで十分に広告効果が獲られるのではないか」ということを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
そして、いっそのことアーンドメディア一本で十分な気さえしてくるものです。
でも、だからこそオウンドメディアが必要なのだということを、いま一度確認しておきましょう。

○オウンドメディアの意義とメリット

SEP_355215221321_TP_V

 

オウンドメディア(自社サイト・ランディングページ)は、あなたの会社で扱っているサービスや、開発商品を熱く語れる場です。
取り扱いをする側から、広くユーザーに向けてアピールしつつ、ひょんなきっかけで自社サイトを知ることになった人にも、どのような会社(または個人)で、どんな活動をしていて、どのくらいの歴史があるか、社長はだれか。このように、ワンストップURLで、その企業のことをすべて知ることができるほどの情報が詰め込まれた、web上の会社と思っても良いでしょう。

●オウンドメディアがなかったら

SEP_318715193505_TP_V

 

実体の企業や独立系フリーランスは、自身のブログやSNSによって、つくり手側のアピールをしたくなります。どれほど優れていて、どんなに効果が期待できる代物なのか。
商品に対して思い入れが強ければ強いほど、熱く語ってしまいたくなります。
ただし、ツイッターの場合に大きな障壁となるのが文字数問題。テキスト掲載上限数が決まっているため、ユーザー発信の何気ない感想や思いを乗せて作るのは非常に手軽で好まれます。
しかし、情報を多く伝えたい企業側からすれば、商品ではなく自社をどんどん売り込みたいのです。「今知った」「知っていたなら買った」というような、発信側と受け取り側のずれを解消して、積極的にアプローチしたいでしょう。この思いを満足に掲載するために、またもれなく企業のことを知ってもらうために、説明を尽くす場所がオウンドメディアです。

○まとめ

ソーシャルメディアは、発信したそのタイミングで多くの情報に埋もれてしまうという難点があります。オウンドメディアのメリットは、「出稿したコンテンツが蓄積され、情報を一箇所に保持し続けることができる」というところにあります。
十分な量の情報を提供し、その情報がニーズに応じて引き出しやすいという点で、ユーザーに配慮した必要メディアです。潜在意識を狙った単なる広告のツールではなく、自社のユーザー訴求に十分な対応をするために、継続して発信し続けることで、企業そのものを好きになってもらえます。
不動のファンを増やすために、信頼を得て価値を感じさせる情報発信を続けていきましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.