オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディア

AL1022nekutaisimeru20140830130211_TP_V

族に言う「トリプルメディア」について今回はお話を進めます。トリプルメディアと称されるこの「オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディア」の三つは、マーケティングと一緒におさえておきたい、メディアの分類です。

○トリプルメディアを知る

PAK85_minnashitamukiesk20150107071348_TP_V

 

まず、あなたが携わっているホームページ・webサイトがトリプルメディアの中のどれに属するかを知っておく必要があります。これをきちんと理解することで、発信する際のアプローチや目標設定、ターゲット選定が変わってきます。

●オウンドメディアとは

green_floppy20141024222628_TP_V

 

端的にわかりやすく表すとすれば、「自社のwebサイト」のことと理解してほぼ間違いありません。自社のサイトに、どんなことを掲載していますか。おそらく、自社の歴史や成長躍進の様子、企業理念、商品への思いと取扱商品のラインアップ…。このように、自社のアピールと商品への理解を促すために情報発信源として利用していることでしょう。
オウンド(owned)=所有という意味です。Webサイトに限らず、ユーザーに向けて情報を発信しているメールマガジンもこのオウンドメディアに含まれます。また、自社サイトからリンクを張っているランディングページも同様です。

●ペイドメディアとは

ペイド(paid)=支払う。ですね。ペイするという言葉もたまに聞くことがあるでしょう。この場合の支払いは広告に対しての意味で使用されます。広告を出稿すると、宣伝広告費がかかりますね。この広告費を投じて自社の商品のアピールを行う、または販促を仕掛けることで売り上げ上昇という効果を狙うメディアのことをペイドメディアと呼びます。

●アーンドメディアとは

アーンド(earned)=&…ではなく、この場合は「稼ぐ」という意味で用いられている単語です。ユーザーやカスタマーの評判、信用という「共感」を得、その共感に基づいて商品の品評や企業の評価、認知を図るという利用方法を想定したメディアのことを指します。
近年急増しているSNS系広告がその代表です。
ツイッターやフェイスブックを活用した企業活動も盛んに行われていますが、もともとはユーザー、消費者発信の情報に注目が集まることが多かったのがこのアーンドメディアの特徴でしょう。消費者生成メディアのことをCGMとも言いますが、共感やブランディングが口コミとなり、つながりを持つ人に対して直接的に広まっていくため、ブランド認知や商品売り上げに直結しやすい(また広告の表示回数が伸びやすい)という特色があります。

○三つのメディアを連動して活用する

それぞれはまったく異なる体裁のメディアと考えられがちですが、マーケティングを行ううえでは、この三つをうまく関連づけて展開することが大切です。
 ペイドメディアで一般大衆に向けて(ターゲット広め)認知をはかり、オウンドメディアに一部ユーザーを引き寄せます。ここで商品の説明や効果を詳細にアピールすることで、理解を深めてもらい、売り上げの効果を狙うという流れです。
ソーシャルメディアは(アーンドメディア)、顧客の発信した情報をダイレクトに受け取ることができる上、評判や口コミを消費者と近い距離感で確認することができます。

○まとめ

それぞれのメディアの役割を、しっかりと明確に押さえて混同しない製作設計が重要です。ライトに記事を読みたい・もっと深く知りたいという認知の欲求に答える方法の違いと言ってもいいでしょう。その使用方法に沿った形で生かし、知りたい場面でその時々に十分な情報を提供することが、広告効果をあげながら成果にもつながることになります。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.