Web広告の手法と設計方法 効果を生む方法

yuka0I9A1561_4_TP_V

どのような体裁のweb広告を出すかによって、狙うターゲットが変わります。人の行動と思考によって、出稿する広告の設計方法も変わりますので、ターゲットと設計の観点から、web広告を考えてみましょう。

○人の心情に沿って内容を変えるという方法

IRIS16011936_TP_V

Web広告は、見る人によって受け取り方がかわります。同じ広告であっても、掲載する場所が適切でなければ、その効果は圧倒的に下がります。
 反対に、狙ったターゲットに対して、しっかりアピールできる適切な広告の場所に、必要なweb広告が設置できれば、その成果は大きくなります。クリック、コンバーションともに上昇するでしょう。

●人の心の隙間に入る リスティング広告

tsuruno34_TP_V

本当はそんなことを検索しているはずじゃなかったのに…気がつけば、web広告を眺めて検索したいことがそっちのけになってしまっていた…。
こんなweb広告のみかた、掲載がリスティング広告の理想系です。リスティングに適している心の状態は「今は忘れていたニーズ」「ずっと心の中にある欲求」を掘り起こすことにあります。

●今だから買わなきゃ 緊急性と必要性をあおる

Web広告にのせる商品やサービスの情報には、たくさんの種類があります。その中でも、潜在的ニーズに訴えかけるには、「期間限定」「キャンペーン」「数量限定」というような、リミットが有る内容にすることでしょう。
買うのはいつでもいいや、と思っているからこそ、買うためのクリックをせずに時間をすごしてしまうのです。でも、その商品やサービスに対する欲求は、少なくとも一度満たされないと、なくなることはないでしょう。
一度の購入で欲求が満たせればいいのですが、その欲求を満たしたあとの満足度によっては、繰り返し利用するニーズを生むかもしれない可能性が期待できます。

●二度目の購入を決断させるための方法

一度サービスを利用して、満足度が高かったけれど、サービス価格や限定商品という「その時限定の魅力」に後押しされて購入したという人も多いはず。もう一度サイトから商品を買おうとしたら、正規の料金に戻っていて、特別感のなさから買うことをためらってしまうという人もいます。
勢いでクリックした・お得だから購入したという人が、同じサイトで二度目以上の購入をするカスタマーになるために効果的だと思われるのは、ランディングページでしょう。

○ランディングページ広告で商品の良さをアピール

勢いから生まれた購入欲を満たしてしまえば、それで終わってしまいます。キャンペーンや限定のプレミアム感から、商品そのものへ感情を誘導する必要があります。

●商品の良さを周知させるならランディング広告

ひとつの商品がどれだけいいか、どんなところが言いかという素材のアピールを尽くすための広告は、ランディング型を用いるのが良いでしょう。
一ページを存分に使って、一つ(または複数の)商品(またはサービス)をアピールします。これがどんなにすばらしく、効果が期待できるものかを納得させるために、評判や口コミも入れながら、文末にクリックボタンを配置しましょう。

○まとめ

広告の見せ方や選択するweb広告の手法によって、その効果はまったく異なります。広告としてのインパクトが利くタイミングと心の動きが合致したとき、そのweb広告はきっと成果をうむことができるでしょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.