Web広告と過去に検索したワード・サイトの関係とは

YUSEI_syudennogashita_TP_V

一度検索したことがあるキーワードと得た情報が、なぜか繰り返しブラウザに表示される…これは、web広告のしくみがそうなっているから。
何かの商品を買おうとして、商品名を検索窓に入力し、その情報と購入目的を果たした後は、少々わずらわしくも感じるこのシステム。実は、現在のウェブ広告市場でもっとも利用されている「検索連動型web広告」という仕組みなんです。
広告表示の手法や、調べた結果データの閲覧などから、検索ということを改めて考えて見ましょう。

○検索して探した商品を繰り返し表示 

gorimobile20160729012516_TP_V

そもそも、この検索連動型web広告とはなにか?実際に、広告収入を得るために、自社のホームページやオウンドメディアサイトの運用をしている人ならご存知でしょう。
有る人が、なにかの情報を得るために、googleやyahooの検索エンジンを使ってキーワードを入力し、その結果を表示させたとしましょう。もちろん、検索順位ごとに並んだコラムやwebサイトの中から、探している情報に合致しそうだと感じたサイトをクリックしますね。この一連の動作を、googleは全てログとして記録しています。

●以前に検索サイトはデータ蓄積されている

TRTM9380_TP_V

Googleやyahooなどのエンジンシステム上、オフコンまたはパソコンで検索したデータは、全て過去ログとして蓄積していきます。考えただけでも膨大なデータですよね。しかし、無駄に溜め込んでいるわけではありません。
個が何気に検索したこのデータが次に、検索エンジンの表示ランキングに化け、ユーザーの動向や注目のトピックネタ紹介に化け、更に個人や法人のアカウントと絡めてマーケティングの材料にまで化けてしまうのです。

●web広告の表示にわずらわしさを感じたら

検索連動型広告の話の中で、必ずといっていいほど出てくるのが「過去の検索結果」ですね。キーワードは、検索をヒットさせるためのサイト運営側も、探す側のユーザーにとってもとても重要なツールになります。
情報をくりかえし得たいという望みがあれば、この手の連動型をうまく利用したいでしょうが、商品やサービスの購入目的のために検索ワードを入力した場合、目的を達成したのにその後もしつこく表示させることに飽き飽きしているユーザーも多いのが事実でしょう。
スマートフォンなどは、過去ログを消し去るツールもありますが、パソコンにも「検索結果を蓄積させないコード」があり、広告表示がわずらわしいと感じている人は、そのソースコードを利用して広告検索の結果を返さないようにしているようですね。

●検索表示したweb広告は閲覧ログにも

一度検索して購入を見送り、もう一度あの広告サイトを見たい!と思った場合には、検索連動型広告の仕組みがあってよかった…と感じるでしょう。検索連動型web広告の目的はまさにこれで、目的として検索したものでない「潜在的欲求」を満たす効果が高いのが特徴。思わずクリック!を狙って、以前からほしいと思っていた商品を思わず買ってしまうという効果が期待できます。
しかし、この広告表示に頼らなくても、数日前に開いたあの広告サイトを見たい!と感じたときは、パソコン内の閲覧履歴からたどるのもひとつの方法。この、閲覧履歴。実は意外と使っていない人が多いようですね。
全ての閲覧データは、検索連動と別に過去ログとしてgoogleアカウントにデータ化して残っています。この過去ログ、画像や動画を多く見ていると相当な情報量になるので、こまめにデフラグ(最適化)してあげましょう。
パソコンやスマホの動きが良くない…という時は、不要データを消去しておくほうが、セキュリティ面から見てもおススメです。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.