オウンドメディアの市場規模と成長 コンテンツの重要度

YK0I9A6212_TP_V

オウンドメディアとは、運用しまたは関連する他のメディアと自社が運用するメディアを統合しながら、総じて企業や商品、サービスの評価と成果を上昇させるための仕組みである。と、大きく捉えておくことは大切です。
…が、実際にどのように運用していくのかという方法を尋ねられるとすれば、ペイドメディア(広告料を出して掲載するweb広告)では説明を尽くせない商品や自社の紹介を尽くすための、コンテンツマーケティング。というほうが、想像しやすいでしょう。

○オウンドメディアの数と市場規模

SAYA160312140I9A3606_TP_V

どの企業も当たり前に行っている…というわけではありませんが、web集客に力を注いでいる企業ならば、オウンドメディア戦略を丁寧に行うために様々な努力とトライ&エラーを行っているはず。
一説には、オウンドメディアの市場規模は、全体の役1割に相当するという数字もありますが、メディアそのものが日々増え続け、またページやコンテンツの追加も繰り返されているため、実際にどのくらいの規模になっているか実測は難しいでしょう。
しかし、比較サイトや口コミサイトなど、本来自社が宣伝のために運用するためのサイトとはまったく形の違うポータルサイトが急増し、検索ランキングでも上位を占めるキーワードが続出しています。
このようなポータル運用を生業とするweb制作会社のサイトなども、サービスと効果を狙ったオウンドメディアです。

○オウンドメディアに必要な要素とは

AKANE278130712_TP_V

まず、従来の広告枠に当てはめるタイプのバナーやリスティング広告と、オウンドメディアの運用で決定的に違うのは、コンテンツ量です。
コンテンツには写真、動画、描画などがありますが、説明を尽くして信用を得、ユーザーが利用しやすい状態にまで誘導するために必要となるのは、テキストコンテンツでしょう。

●市場規模拡大に埋もれない オウンドメディアを作る

広告は表示させればOK。というのは一時代前の話。Web広告を出すからには、「その成果を追求して、より効果的により多くの集客ができるかどうか」が重要なカギです。
バナー広告の表示からクリック(効果)を得るには、衝動的(潜在的)意識への働きかけを促すことができる、とっておきの一言が必要です。価格や期間、理想に近づける…など、「今利用しなければ」という焦りを誘発する効果があるのがweb広告枠。
そして、衝動的または隠れていた欲求を引き出されたユーザーに対して、そのサービスや商品のすばらしさを伝え、ユーザーが実際に魅力を感じられるようなテキストコンテンツが、オウンドメディア成功の要といえるでしょう。
様々なwebサイト、ソーシャルメディアと広告をうまく結びつけ、オウンドメディアを訪れたユーザーが、納得して必要性を感じ、更に続けて利用したくなるような利用者本位のコンテンツ活用を目指しましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.