オウンドメディアの効果と構築・連携あれこれ

ransomwareIMGL1908_TP_V

自社のメディア(オウンドメディア)を確立させて運用していくことの目的は、自社から発信する情報に価値を持たせて、その効果を得ること。
宣伝活動の一環としてとられがちですが、単なる宣伝や広告としてだけではなく、オウンドメディアを構築して販売や実績以上の効果を狙いましょう。
ただし、成功したというほどの効果が出るまでには、それなりの取り組みも必要です。そこで、オウンドメディアを運用することのメリットや注意点を考えて見ましょう。

○オウンドメディアサイトの公開=宣伝の始まり

OOK161103346_TP_V

既に自社の公式ホームページを公開しているという企業もあるでしょう。オウンドメディアの中でも運用する手段として選ばれるのは、webサイトの立ち上げです。
公式のページやサイトそのものがオウンドメディアとして活用する要素を備えていますが、まず自社の扱うメディアとして今後運用していけるものかどうかを検証しましょう。

●自社サイトはオウンドメディアにすり替わるか

 

YOSX9709_TP_V

公式ページを閲覧する人は、その多くが企業概要やトピックス、アクセスや問い合わせフォームといった「企業紹介」の位置づけでしょう。大会社になればなるほど、この兆候が見られます。
オウンドメディアは、一種の情報発信ツールです。メディアを利用するということは、商品や企業のアピール活動を行うということ。その手段の一つとしてwebサイトを運用するという体裁となれば、自社の公式サイトとは(リンクは必須ですが)別ものとして独立運用
しても良いでしょう。 
ただ、webサイトを立ち上げるにもコストと手間がかかります。別運用が難しければ、スタッフブログやコラムページを追加して、随時更新していくというのもひとつの手段です。

●ユーザーとオウンドメディアの距離

オウンドメディアは、他のメディアと完全に独立して運用することができる広告・情報発信ツールです。それぞれを、自社のタイミングで(ユーザーのニーズに合わせて)情報提供をアナウンスすることもできます。
メルマガなら案内やPRをして、その説明をする場所が必要になります。同じく、SNSを活用した普及も、ホーム(元)となる発信ページを要します。全てのメディアが帰属する元となるのがオウンドwebメディアサイトという縮図を完成させるのが理想的です。
何より、一方的な情報発信にとどまることなく、ユーザーと直接やり取りをしたり、反応をみたり(いいねをもらう)、コメント欄に感想や質問を求めることもできます。
広義の広告では、クリックや申し込みなどのアクションが無い限り、無反応というのが常です。どのような反応であっても、ユーザーとの距離感を近く感じられるのがオウンドメディアのメリットといえます。

○ずっと続けることで価値を高める

オウンドメディアはいわば、コンテンツの集積場所です。立ち上げたまま掲載内容を動かしづらく、変化が少ない公式ページと違って、ひとつの戦略として攻める内容に沿ったコンテンツを、絶えず発信して反応を見るという検証が必要になります。
結果の検証と次の実践、このトライ&エラーを繰り返しながら、ユーザーが何度も訪れたくなるコンテンツの提供を繰り返した分だけ、コンテンツはさらに厚みを増します。
長く続けることで、集積したコラムや情報量がひとかたまりの価値を持ちます。後はずっと続けていくことです。
広告を掲載した場合、効果と費用が見合わないケースもあります。広告費をどのように使うのかは企業ごとの戦略ですが、各メディアを繋げて一つのプロジェクトのように構築していく(予算を使う)と、オウンドメディアの公開は、コスト管理やコンテンツ管理をしやすく、他のメディアツールと併用して相乗効果をねらえるメリットも感じられるでしょう。
 

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.