オウンドメディアの作り方 ユーザー視点を大切に

YUKA160218540I9A9461_TP_V

今では企業活動とまったく関係の無い個人が、オウンドメディアの活用と運用で収益を上げることができる時代。
企業の宣伝というカテゴリーとは無縁でも、やろうと思い立った人がwebサイトを公開し、そのメディアから広告や販売で利益を出すことができる様になりました。
反面、企業のwebサイトを制作する場合には、その業界に精通しているという知識のメリットを活かして、オウンドメディアを立ち上げるのが最善の作り方でしょう。

○どんなオウンドメディアにするか 作り方の基本

PASONA_39_TP_V

まずは、どんな体のwebサイトにするかという柱(指標)をしっかりと持ちましょう。オウンドメディアを担当する人、そして経営側の狙いにズレがあると、「会社の名で運用しているのに、狙っていたものと違う」ものが完成してしまう可能性があります。

●狙いをはずさないための作り方

PASONA_6_TP_V

Webサイトの設計をする段階で、必ず行わねばならないのがターゲティングです。どの年代、性別のどんな志向(嗜好)を持っている人に向けてオウンドメディアで情報発信していくかという想定を、しっかりと行う必要があります。
これまでの、広く浸透することや認識・認知度を上げることに意識を向けていた広告活動と比べて、それほどまでにターゲットを絞らなければならないのか…というくらいに、こだわってターゲットをより特定したほうがいいでしょう。

●オウンドメディアに求められるのは

ひとつの想定したターゲット(ペルソナ)は、あらゆる情報ツールを使って、知りたい情報を検索して知ろうとするでしょう。
Webの世界は今、それほどに充分な情報の質と数があふれています。必要な情報と認識されるまでにも、いろんなサイトの掲載記事を見て、その中でユーザーは求めているものを抽出するという動きをとります。
いろんなサイトを渡り見て、一つの答えを出そうとするユーザーが、ワンストップで満足することができる情報メディア。これが、オウンドメディアを作るうえでの最大目標となります。

●ターゲットを逃がさないオウンドメディアの作り方

たくさんの人に見てもらおうとすれば、その分だけ情報量が必要となります。また、多くの情報がひとつに混在していれば、ユーザーが自分の求めているものを得るまでに「探す」という作業・手間が増えます。
ユーザーが満足為の情報量と、手順を楽に必要な情報にたどり着けるためのサイト構築が必須です。
一サイト一ペルソナで、狭く深く情報を詰め込むという作り方が良いでしょう。しかし、複数サイトを運営するほど手間もかかります。その時は、一サイト内でキチンとカテゴリー分類されていることがわかる様にレイアウトを整えましょう。
仕事として情報発信を続けていると、ユーザー視点や利用する人の目線を忘れがちです。たとえば自分が何かを知りたくてweb検索をしたとき、このページを閲覧しようと思うか?というユーザビリティの発想が、オウンドメディア設計とコンテンツの基本となります。
担当者自身が「見たい」と思うものを実装するのが、オウンドメディアの作り方でベストな方法です

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.