web広告の掲載サイトトップページと文字数の適性は

StockSnap_825303XHAE

ありとあらゆるWebサイトで、Web広告がないページは皆無…といっても過言ではなくなった昨今、その出稿スタイルや掲載方法、表示の仕方にいたるまで、形や種類に広がりをみせています。
現在のWeb広告スタンダードといえば、リンクを仕込んだランディングページやSNSが主流でしょう。表示させることが目的だったWeb広告は、今や「引き込む・アクションを起こす・読まれる」ものに変化してきています。

〇Web広告をトップページに掲載するサイトは

igor-miske-207639

これまで、トップページにWeb広告を掲載しているサイトの多くは、ECサイトや通信販売サイトなど、販売系の体裁を持つ企業や運営会社でした。物販を中心としたサイトがインターネットサイトの普及によって急増したことも影響しているでしょう。
しかし、今はモノを売るサイトと同じく、情報を提供するサイトが増えています。情報をもたらして興味を引き付け、なおかつその紹介したサービスや商品の販売に結び付けるためのリンク広告を貼るという流れが、Web広告のセオリーです。
どんな情報を提供しているサイトなのか。その体裁に関係したWeb広告を示すことで、情報の一貫性を視的にアピールすることもできます。

〇トップページに掲載するWeb広告の場所 

企業が運用する公式サイトなど、一般的なWebサイトトップページには、そのサイトの説明文や、階層下のリンクページ内容に誘導するためのカテゴリー、新情報やお知らせ欄トピックスなどを掲載します。このトップページにWeb広告を掲載する場合は、ページ両端のサイドバーに表示させる2または3カラムのレイアウトを組むことになるでしょう。または、トップイメージ下・ページ下方にバナーを設置するというのが通例です。

〇トップページのテキスト 文字数がもたらす印象

writing-notes-idea-conference

公式サイトに表示するテキストは、文字数が多くなりすぎると見た目の圧が高まり、ページそのものが黒く埋め尽くされた印象になりがちです。トップページは各階層リンクに誘導するためのイメージや端的な説明にとどめておくのがベストでしょう。
わかりやすい説明文を意識して書いた場合、一文はおよそ30~50字程度になります。一文が長くなると、読みづらくて伝えづらい文章になりがちです。レイアウトにもよりますが、3行を超えるとテキストボリュームが多い印象を与えます。

〇理想的なWeb広告の文字数は

トップページに表示させる文字数は、シンプルに短く、少ないほうが理想的。説明を尽くさねばならない内容はトップページに置くのではなく、それぞれをページ化、カテゴリー分類して、ボリュームを持たせるのが良いでしょう。SEOの観点から見ても、十分な説明を尽くすことができるだけの文字数があるのが理想です。
トップページへリンクを仕込んだWeb広告ランディングページ文字数は、ここ数年でもどんどん多くなっている傾向があります。2000字~5000字まで幅はありますが、ユーザーにしっかりと内容を伝えてアピールするためには、この程度の文字数が必要だろうという風潮が強いようです。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2018 IMGINOTE INC.