Web広告とは?種類による基本的な違いと特徴を理解する!

house-painter-3062248_1920

人々に広く知らせることや、関心を引きつけるために広告という方法が用いられますが、この広告にも色々な手法があります。
その1つとしてWeb広告という手法がありますが、インターネット社会になった今、注目されている手法だと言えるでしょう。
ただし、Web広告といっても様々な手法がありますので、それぞれの基本的な内容と特徴を理解しておかなければ、本来の良さを活かした広告活動ができなくなります。

Web広告には色々な種類がある

igor-miske-174209

Web広告の中でもよく使われている広告と簡単な内容は次の通りです。

・リスティング広告
ユーザーが検索エンジンなどを利用し、入力したキーワードに対して表示される広告です。

・ディスプレイ広告
Webサイトやアプリ上に表示される枠型の広告で、画像などをクリックすると広告主が設定したWebサイトにユーザーを移動させることが可能です。

・DSP
Demand-Side Platformの略称で、広告配信を希望している広告主のためのサービスで、複数のアドネットワークなどを一括で管理して広告を配信するシステムのことです。

・動画広告
掲載サイトを表示することで自動的に再生されるものや、クリックして始めて再生されるものなど、本編の動画コンテンツが始まる手前で再生されるものなど、様々な形のものがありますが、目的などによって使い分けられる広告です。

・アフィリエイト広告
対象となる商品やサービスについて、ブログやWebサイトなど媒体で紹介し、閲覧した人が購入することを目的とします。

・SNS広告
SNSのタイムライン上で流れる広告ですが、配信先が登録されているユーザーの地域、性別、興味などプロフィール情報をもとにセグメント可能です。

・記事広告
情報サイト、ニュースサイト、ポータルサイトなど、メディア編集部により、商品やサービスを記事で紹介する広告です。

Web広告だからできることとは?

business-2449731_1920

Web広告は他の手法よりも柔軟な対応が可能である上に効果改善が比較的容易である部分が最大のメリットです。最大限に良さを活かすことができるように、さらに細かく、どのようなメリットがあるのかを理解しておきましょう。

・数値の把握が容易

どのデバイスでいつ何回広告の閲覧がされたのか、クリックした人や申し込みを行った人数などが確認できます。実績で目的に合う広告を把握できるため、無駄な広告が出なくなるでしょう。

・スタートと改善が迅速に可能

例えば1時間後に出稿開始しようと思えばできるといったものもあれば、効果が見込めないのですぐに止めることもできます。画像やテキストを迅速に変更できるため、伝えたい情報をすぐに届けることができるという部分がメリットと言えるでしょう。

・発生する手数料が明瞭

表示回数やクリック数、申込者数など、何らかの効果に応じた指標で課金されるものが多く、少ない予算でも提供したい情報を届けることができます。

・ターゲティングが可能

検索の際に入力するキーワードで対象者を絞り、ターゲットとする人だけに広告を表示させることもできるので、ユーザー側からしてみれば無駄な広告を見る必要がなくなるでしょう。

目的やニーズに応じた使い分けを!

このようにWeb広告にも種類が色々ありますが、いずれも目的やニーズによって使い分けられることが一般的です。Web広告は配信する側だけでなく、ユーザーにとってもメリットが大きい手法だと言えるでしょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2021 IMGINOTE INC.