Web広告やマーケティングに悩んでいるならコンサルタントに相談を!

web 広告 コンサル1

Webマーケティングで悩んでいる時、誰に相談して良いのかと悩む企業の担当者の方か少なくありません。
このような場合、誰に相談すれば良いかを考えた場合、結論から言うとWeb広告やマーケティングを専門とするコンサルタントに相談することを検討してみるべきだと言えるでしょう。

コンサルタントに相談するべきである理由は?

専門知識や経験があるのはもちろんですが、それだけでなく商品やサービスを販売するノルマが課せられている立場ではないので客観的な立場から考えることができるからです。

しかし何を相談して委託すれば良いかも分からない、という場合もあるでしょう。
そのような場合には、次のような業務を委託することを検討してみましょう。

・サイトの制作、更新作業
・SEO対策
・リスティング広告などの運用
・ブログの記事の執筆やSNSの運用
・アクセス解析
・レポーティング作業
・アフィリエイト広告の運用と管理

どこまでを委託すれば良いのかは、自社に合う方法をコンサルタントと話し合いながら決めることが必要です。

無料で運営しても成果は得られる?

web 広告 コンサル2

今ではブログやSNSなど、個人で始めることもできますし、無料で行うことも可能です。
しかしこの無料や自前という部分にこだわり過ぎると、時間は消費したのに成果に繋がらないという結果に陥る可能性も考えられます。

作業者の投下時間への考慮をせず、人件費に換算すれば費用対効果が悪いケースも多々あるので、本当に効果が見込めて必要なことを行っているかを見極めることが必要です。

費用対効果を考える必要性に注目

Webマーケティングで成功しているかを判断するには、費用対効果の基準である1件あたりの獲得単価(CPA)を設定しておく必要があります。
数値で測定できるので、目に見えて成果を確認することができるでしょう。

厳密に獲得単価を決め、その基準から施策の目標を設定していけば、どこを改善するべきなのかを考えていくことができます。

獲得単価の基準の決め方

web 広告 コンサル3

現在、自社の状況や成長段階がどこにあるかを踏まえながら獲得単価の基準を設定しましょう。
商品の損益分岐点、他者の平均値、チラシなど他のプロモーション、など、算出する際に目安になるものは様々です。

実践していない手法はすぐに取り入れるべき!

成果に繋がると長年使用されている手法は、新鮮さは感じられないかもしれませんが結果あるから多く採用されていると考え、設計の中に組み入れながら自社い合う活用方法を見つけることが必要です。

全ての業種に該当する実施したほうが良い定番のWebマーケティング手法は、リスティング広告、リターゲティング広告、ランディングページ、WebサイトのCVR改善、メール活用による顧客育成、CRMなどです。
実施していない手法がある場合にはすぐに検討したほうが良いでしょう。

これらについてどの手法を採用すれば良いか、独自で判断できない場合にこそコンサルタントに相談して決めるべきだと言えます。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2021 IMGINOTE INC.