Web広告を選ぶ前に知っておくべきターゲティング手法

web 広告 手法1

Web広告には素材、課金方法、掲載の仕方などで色々違いがある上に、ターゲット層の属性、目的などでも、どれを選ぶかが変化します。

しかし種類の多さから、どの種類のものを選べば良いか分からないという場合、漠然と広告を出しても閲覧されることない、閲覧されても商品購入や資料請求といった目的まで到達しない可能性もあります。

そこで、どのWeb広告を選ぶかを決める前に、様々なグループからどのグループを標的するかを選ぶターゲティングとその手法について理解を深めておく様にしましょう。

コンテンツターゲティング

Webページのコンテンツの内容に適した広告を配信する手法です。
コンテンツの属性に連動して広告を配信する手法です。

Webページ内のコンテンツと広告の親和性が高いので、コンテンツの属性に連動出来ると言えることからユーザーの興味を引きやすいという特徴があります。

サイトが複数のコンテンツを構成している場合において、コンテンツ単位で訪問するユーザーの属性が変化する場合に有効な手法と言えるでしょう。

リスティング(検索連動型)広告

web 広告 手法2

 

ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンに入力したキーワードをもとに、関連した広告を配信する手法で、リスティング、検索連動型、キーワードターゲティングなど、様々な呼ばれ方があります。

自ら欲しい物やサービスを探しているモチベーションの高いユーザーに向けた広告配信が可能なので、集客効果が見込めます。
広告費をある程度抑えて売上を伸ばしたいという場合に有効な手法だと言えるでしょう。

行動ターゲティング

Webサイトを巡回しているユーザーの行動履歴をもとに、興味関心を推測しながらターゲットを絞って広告を配信していく手法です。

一定の事柄に興味や関心を持つユーザーに対しての広告配信が可能ですが、事柄を限定することでターゲットの絶対的母数は減少します。

浅く広くではなく深く狭い範囲にユーザーを絞って広告を訴求したいという場合に有効な手法です。

リターゲティング(リマーケティング)

広告主のWebサイトに訪れたことのあるユーザーの行動を追跡し、別サイトへの往訪、または検索エンジンでの検索時に以前訪れた広告主サイトの広告を配信する手法です。

再度広告をユーザーに表示することで、認知率の上昇と訴求、再度の訪問を促すことが見込めます。

デモグラフィックターゲティング

web 広告 手法3

ユーザーの性別や年齢などの属性情報から、それに合致するユーザーに対しての広告を配信する手法です。

属性情報は会員サイトなどにログインしている時や、Cookieのアクセスログから属性を予測するといった方法で取得します。

自社に一番良い手法はどれ?

このようにターゲティング手法には色々な種類がありますが、どの手法が自社にとって最も良いかを見極め、有効に活用することが望まれます。

なお、見極めが難しいという場合には、専門家に相談しながら決めるといったことが余計な手間や時間を掛けずに有効な手法を選択することに繋がるはずですので検討してみましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2021 IMGINOTE INC.