Web広告を運用することは未経験者でもできる?

web 広告 未経験1

Web広告を運用することは、以前からあるGoogleやYahoo!のリスティング広告、最近ではTwitterやFacebookを活用したソーシャル広告など、運用型広告の配信先や配信数、タイミングなどを管理・調整することです。

 未経験者である素人で行う事と専門的なプロが行う事で違いがでるのは、やはり効果の高い広告はどれなのか、どのような広告にするべきなのかの選択は経験がものを言うという部分があるからです。

 

どのWeb広告から始めるのが良い?

 

売上を拡大することを考える場合、リスティング広告やリマーケティング広告などを中心に、予算的な余裕がある場合は他の広告もテスト的に実施してみましょう。

 

ただしWebサイトの広告で効率が良いのは、リスティング広告やリマーケティング広告ですので、初めてWeb広告を打ち出す場合にはまずはこの2つから検討してみると良いです。

 

例えばリスティング広告を選択する場合、自社で運用したほうが良いのか、それとも専門業者に依頼すべきかで悩むこともあるでしょう。

 

自社運用と委託運用のメリットとデメリット

 web 広告 未経験2

自社で運用するのか、それとも専門業者に依頼するのか、双方のメリットとデメリットを比較しながら検討しましょう。

 

  • 自社運用の場合

 

メリット

・運用費が掛からない

・自社でノウハウを蓄積できる

・設定ミスなどがあった場合に迅速な対応が可能

 

デメリット

・ワークロード負荷が重い

・リスティング運用についての知識や技術を習得する必要がある

 

  • 専門業者に依頼する場合

 

メリット

・運用を任せることができる

・専門性の高い業者に依頼することで効果拡大が期待できる

 

デメリット

・運用費が掛かる

・自社にノウハウが蓄積されない

・設定ミスなどの場合に、迅速に対応してもらえるか分からない

 

 

自社にリスティングについての知識と経験を持つ人がいるなら

 web 広告 未経験3

自社にリスティングを運用した経験がある人や、ネットについての知識や技術など能力が高い担当者がいる場合は自社運用でも良いでしょう。

 

リスティング広告は裏技などが存在するわけではなく、日々、細かく設定できるかがポイントになります。

こまめに管理・運営ができる担当者がいるのなら、自社で運用することも不可能ではないでしょうし、ノウハウの蓄積にも繋がります。

 

 

 

ただし、広告運用は簡単ではないことを理解しておくこと

 

しかしリスティング広告を運用するノウハウや能力が高い人材がいない場合、やはり専門業者に依頼したほうが良いと言えます。

 

運用するにおいて、キーワードの入札単価を調整することや、除外キーワードの設定、さらに広告分のABテストなど、知識が必要です。

 

ネットの世界は常に進化しているため、これまでであれば成果が見込めた方法でもすぐに成果が出なくなるといったことも考えられます。

そのため常に新しい情報を入手し続け、現状を改善していく能力が求められると言えるでしょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2021 IMGINOTE INC.