Web広告において地域ターゲティングは必須?

web広告 地域1

地域ターゲティングとは指定した地域だけに広告を出すことができる仕組みなので、地域ビジネスを行っている場合にニーズの高い機能だと言えます。

地域ターゲティングはAdWordsとyahoo!で利用できますが、それぞれ指定可能な地域の範囲は異なります。

より地域を絞り込んだ設定が可能!

Yahoo!は都道府県による設定ができますが、AdWordsの場合、市町村で設定することができ、半径を指定しての地域ターゲティングも可能なので、よりターゲット層を絞り込むことができるでしょう。

そこでAdWordsの地域ターゲティングについて、どのように実施していくかを確認しておきましょう。

広告を掲載する地域を絞り込む

web広告 地域2

ターゲット地域の設定で、広告を掲載対象とする地域の指定も可能です。

地域ごとの掲載結果を把握し、収益性が高い地域に集中して予算配分を行うことなど、Web広告の配信を増やすことに繋がります。

広告を掲載する対象地域を絞り込むために、ターゲット地域を設定するためのポイントは次の通りです。

・掲載結果を地域別で表示

地域別に表示される掲載結果を参照することで、地域別のデータを比較することができ、どの地域に重点的に広告を掲載すべきかを特定して広告効果を高める戦略に利用することができます。

・地域別に予算配分を調整

地域別に掲載結果に差がある場合、掲載結果が良かった地域だけに対象を設定してキャンペーンを作成するといった方法もあります。それによって結果が高かった地域のキーワードの入札単価や予算の引き上げ、表示回数増加に繋がるでしょう。

・特定地域で効果の高い広告テキストの作成

特定地域のユーザーが関心を向けそうな商品やサービスなど、セールスポイントを強調したり、地域限定のプロモーションを実施したりということも効果が期待できます。

・地域限定のランディングページ

対象地域別に複数ランディングページを使い分けている場合など、それぞれのユーザーの地域に合うランディングページを表示するようにし、関連性の高い情報をユーザーがすぐに見つけることができるようにしましょう。

・ビジネス拠点場所のアピール

広告に住所表示オプションを追加すると、ビジネス拠点の場所をユーザーに知らせることに有効です。ビジネス拠点の住所や電話番号を、ごく自然な形で広告に組み込んでいくことができます。

ここで指定したビジネス拠点がすべて日本国内の場合、ビジネス拠点を中心とした一定範囲内のユーザーに広告を表示させることが可能です。

・掲載結果が良くない地域は除外できる

また、クリックの成果が思わしくない地域や、広告を表示したくない地域などはターゲットから除外することもできます。

自社のビジネスに合う地域設定を

web広告 地域3

地域設定にも種類があるので、どのタイプの設定が最も良いか、自社のビジネスと照らし合わせて検討してみましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2021 IMGINOTE INC.