Web広告を活用する方法 戦略を立てて実装すべし

pexels-photo-67112

広告を出稿する手段は、紙媒体(雑誌や新聞、新聞チラシ)やメディア(ラジオ、テレビ)など様々ですが、従来型の広告はその伸び率が鈍化または減少しています。半面、Web広告はそのシェアを伸ばし、現在テレビに続く二番手にまで成長しています。
Web広告のシェアが伸びているからといって、なんでもWeb広告を出せば成果が上がる…というわけではありません。広告バナーの手法として、文字主体から写真、イラスト割合が増え、最近では動画が主力となりつつあります。広告を見る人の目も慣れ、Web広告そのものを排他的に見る人も増えてきているのです。

〇Web広告を出稿するまえに戦略をたてる

pexels-photo-416405

商品の宣伝をするために、また商品やサービスの販売数を伸ばすという最終目的を達成するために、広告を出す頻度やそのサイズ、出稿先を選ぶことになります。
ただ、実際に出す広告の効果をどのように測ればいいのか。効果を検証するためには、予測と効果の具体的数字を示し、実際にどのアクションを効果として認識するかというラインを定めておくことが大事です。

●Web広告媒体と費用感と効果

紙媒体の広告費用は、決して安くありません。紙面に占める割合や面積によって、おおよその出稿料金が決定します。
Web広告の出稿費用は千差万別です。サイズが小さい・出稿媒体が少ない・広告表示回数の上限を低くする…これらの条件下では、限りなくWeb広告料を抑えることができますが、実際にコンバーションをあげる効果が得られているかというところまでしっかり検証をしなければなりません。
中には、アフェリエイトのように、クリック数や成果に応じて広告料が発生するものもあり、近年はアクションに基づいて費用が発生するものが多くなってきました。

〇制作会社に丸投げばNG 広告出稿の戦略を自社で

pexels-photo-541522

出稿先やサイズ、デザインをWeb制作会社に丸投げしてはいけません。自社の製品を一番知っているのは、その企業の社員であり社長さんです。Web広告を出す対象の商品について、その良さや推しをキチンと把握して、前向きに進めていく熱意を持てるのは、企業の社員さんや制作・販売側の人です。企業の担当者や販促部門がしっかりと戦略を立案して、その筋書きをしておくのが理想なのです。

●Web広告とマーケティング戦略

商品の良さを万人にむけてアピールしても、その商品の良さやメリットを感じる対象者はごくわずかです。偶然を狙ってターゲットを広く設定すると、目に触れる頻度は高くなりますがコンバーションにつながりません。
コアに、狭く、奥深く攻めるようにイメージを持ったWeb広告の出稿方法にすると、表示された人に対してのコンバーションがアップします。
どのターゲットを狙って、どのような商品・価格で攻めるか。より詳しく、狭くユーザーに訴えるための戦略を立てて、要素を盛り込みながら見た人を飽きさせないための中味を練るようにしましょう。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2018 IMGINOTE INC.