リンク切れをチェックしないとSEO対策に悪影響?

pexels-photo-461077

サイト内のリンク切れに気が付かず、知らない間に切れたままになっていると、ユーザーの利便性やサイトを訪問したクローラーのページ巡回に影響を及ぼします。
そもそもリンク切れとは、サイトのページ内に設置したリンクボタンやアンカーテキストをクリックしてもリンク先にアクセスできなくなっている状態です。
このリンク切れとはどのような状態なのか、そしてSEO対策に悪影響を及ぼすのかについて確認しておきましょう。

リンク切れが発生する原因とは?

StockSnap_ZYW8MGFQKZ

なぜリンク切れという状態になるのかというと、考えられるのはリンク先のURLのスペル記載ミスのよる内的要因、または外部へのリンクの対象ページが削除されてしまったなどの外的要因などです。
SEOの視点で見た場合、リンク切れによって検索エンジンの評価が低下してしまうのは問題なので事前に対策を講じておく必要があります。

リンク切れはランキングを低下させる?

リンク切れのボタンをクリックすると「404 – File Not Found」が表示される「404エラー」が起こります。
ユーザーやクローラーの探索はそこで終わってしまいますので、仮に突然大量の404エラーとなったとしたら・・・と考えると不安になってしまうかもしれません。
しかし、以前あったサイトやページが存在しなくなることはネット上では日常茶飯事とも言えるため、Googleなどは無効なURLで起こる404エラーについて、サイトインデックスやランキングには悪影響を及ぼさないと発表しています。

ランキングに影響はなかったとしても・・・

ただしリンク先のサイトリニューアルでURLの変更があるケース、またはサイト自体が閉鎖されたというケースを予想し、定期的にリンク先のリンク切れがないか確認することは必要ですし、URLの記述ミスなどに十分な注意が必要です。

404エラーが検索順位を下げる直接的な要因にならないとしても、リンク切れが多く発生してしまうとユーザーからのサイトに対する評価は下がる可能性があります。
長期に渡ってメンテナンスが行われていない、または放置されたサイトだとユーザーから判断されれば、記載されている情報も古くて信頼性が薄いといったイメージが強くなり、次回からアクセスしてくれなくなる可能性も考えられます。
そこで、事前に出来る対策を講じておくことをオススメします。

301リダイレクトを設定する

サイトを構成する上で、大幅にリニューアルする場合などは、変更したURLに「301リダイレクト」を設定しておきましょう。
それによって移転前のURLの被リンクといったSEO評価を新しいURLにも引き継ぐことが可能です。ただし他で管理されているウェブサイトには対応できないので、一旦リンク抹消して、再度新たなリンクを張り直す必要があります。
リンク状況の確認作業は内部と外部の両面から実施し、クローラーを含めたユーザーの回遊を妨げることのない動線を確保しておきましょう。

カスタム404ページを準備しておく

not-found-2384304_1280

また、外部から自分のサイトに対するリンクの404エラーを防ぐためにも、301リダイレクトを設定した上で、「カスタム404ページ」を準備しておくと良いでしょう。
カスタム404ページを準備しておくことで、404エラーが通知されたユーザーはプラウザの「戻る」ボタンをクリックするのではなく、継続して探している情報を見つけることができます。例えば、トップページへのリンク、サイト内検索ボックス、サイト内の主要カテゴリへの誘導などに対するリンクを追加することで、離脱率の低下を見込むことができるでしょう。
「戻る」ボタンをクリックさせるのはSEO対策から見て賢い方法とは言えませんし、目的のページが見つからなかったとしても、サイト内を回遊してくれる確率を上げることができます。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2018 IMGINOTE INC.