ブラックハットSEOとホワイトハットSEOとは?

ホワイト1

サイトを運営するにあたり、SEO対策を行うことは重要ですが、「ブラックハットSEO」と呼ばれるものと「ホワイトハットSEO」と呼ばれるものがあります。

この2つのSEO、それぞれの内容を理解し、自社が行うべきSEOについて理解しておくようにしましょう。

リスクの高い「ブラックSEO」とは?ホワイト2

まずブラックSEOは、業者からリンクを購入して意図的に被リンクの数を増やすというリスクの高い手法です。

被リンクとは、他のサイトやページからリンクを貼ってもらうことですが、サイトの検索順位を決める重要な判断基準となるものが被リンクの数でした。そこで自作自演によって被リンク数を増やし、価値のあるサイトに見せかけるといったSEO対策です。

スパム的なSEO対策の手法であり、自作自演のリンクに対してのペナルティは強化されているので実践しないほうが良い手法だと言えます。

実践すべきは「ホワイトハットSEO」

対するホワイトハットSEOは、良質なコンテンツを作成し、Google検索エンジンが推奨する検索ルールに従って、自社のサイトやブログをランキング上位に表示させるための検索エンジン最適化手法・技術のことです。

他のサイトの管理者から評価を得てリンクされるといった手法なので、正統なSEO対策と言えるでしょう。

当然ながら、ホワイトハットSEOを実践することが本来のSEO対策の理想形です。しかしホワイトハットSEOで成功することが難しいからこそ、ブラックハットSEOといったリスクの高い手法が生まれた背景も理解しておくことが必要です。

どうすればホワイトハットSEOが可能?ホワイト3

ホワイトハットSEOは、検索ユーザーが求めるコンテンツを予測し、ニーズに応えるサイトを作成してアップするコンテンツSEOです。

Googleが目指しているユーザーの利便性を重視したガイドラインに則った手法ですので、成功すれば中長期的な訪問者獲得に役立つと言えます。

ユーザーにとって有益なコンテンツを作成することは、ユーザー同士のコミュニケーションを生むことにも繋がりますので、ホワイトハットSEOを実践するために次のことに注目してみましょう。

・検索ユーザーのニーズを確認する

Googleではどのようなキーワードで多く検索されているのか、「Googleキーワードプランナー」や「キーワードサジェストツール」を使って調査しましょう。ユーザーが検索している多種多様なキーワードを確認することができます。

・ニーズに合ったコンテンツの作成を行う

調査でどのようなコンテンツを作るべきか分かれば、実際にテーマにあげてコンテンツを作成します。テキストだけではなく、画像や動画、プログラムなど、多種多様な要素を含めることも検討していきましょう。

・コンテンツをサイトに追加する

作成した複数のコンテンツを月1度まとめてアップするのではなく、ページが完成するごとに都度アップして更新頻度を高めていくことが大切です。

また、コンテンツを追加してもユーザーがすぐに閲覧するとは限りませんので、SNSなどで告知していくことも実践しましょう。

自分だけで対策するにはハードルが高いと感じるなら・・・

スピーディーにサイトを運営していくことが求められますが、サイトがしっかりとしたSEOで実践されているのか、また、ガイドラインの理解が難しいという場合など、専門家に相談して対策を講じていくことをオススメします。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2018 IMGINOTE INC.