コンテンツSEOの仕組みと対策の手順とは

SEO

SEO対策とは

SEO(Search Engine Optimization)とは、 検索エンジンを利用した集客・WEBプロモーションです。主に特定のキーワードの検索結果(自然検索結果)で上位表示されることを目的に、 様々な対策を実施することを指します。
例えば、「SEO」と検索をした時に、一番上位に自社サイトを表示させる事を目的に施策を施すことです。

SEO対策は何をすればかかるのか

内部対策

seo2

サイトの中身に関する対策です。ホームページの内容を、検索エンジンが好み、 認識しやすい形式で表示することが大切だと言われています。どういう事かというと、検索エンジンが各サイトの善し悪しを決定する際には、クローラと呼ばれるロボットが収集した「インデックス」という登録情報を元にしています。検索エンジンに良いサイトだと認識してもらうためには、一つ一つのページの情報が適切な形でインデックスされている必要があります。また、ユーザーが求めている内容のコンテンツが掲載されているかどうかを加味します。簡単に言えば、ユーザーが求める情報が適切な状態で記載されているかが重要です。

外部対策

seo 3

他サイトから優良なホームページだと認められているかどうか被リンク対策といわれるものです。従来はこの対策が最も大切だと言われてきました。SEOを推奨する企業もこちらの支援をメインにしていました。多くのユーザーが訪れるサイトにどれだけ多くのリンクが貼られているか、というのが検索順位をあげるための判断基準でした。しかしながら、リンクリソースと呼ばれる、顧客のサイトに対するリンクを設置するための複数のダミーサイトを作成し、検索エンジンからの評価を上げていこうとする悪質な業者が出回るようになり、リンク先の質の厳格化がなされました。

コンテンツSEOの目的

seo5

コンテンツSEOの目的は、「内部対策」を最も大切にしていこうという施策です。ユーザーにとって魅力的なコンテンツは検索エンジンから高く評価され、そうした情報を定期(継続)的に発信していくことによって、良質なサイトを作りあげていくという事が可能です。
従来型のSEO対策が効きづらくなってきた理由としては、検索エンジンが賢くなってきたことによります。Googleの場合「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」というアップデートが施行されたことによって外部対策、内部対策に対する採点方法がかなり厳しくなったのです。結果的に今までは最も有効だと言われてきたが外部対策が効きづらくなってきたことからコンテンツSEOに注目が集まってきました。

コンテンツSEOのポイント

seo4

 

企業側の目線と、ユーザーが欲しい情報が相違しているケースがあります。ユーザーが求める情報は「周りの人がどうしているか」や「本当に必要なのか」などの情報収集を目的としている場合が多いです。その為ユーザーが求める情報をユーザー目線で発信していくことが大切です。

まとめ

コンテンツSEOは継続していく事と一定頻度でサイトの状況やユーザーの状況を確認する必要があります。時間と労力が必要な手法ですが継続していくことによってサイトの資産性が高くなり広告に極力頼らずにお問い合わせ数の増加や集客を可能にさせます。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.