スマホ対応とレスポンシブ対応の違いって?

ああ

スマホ対応が必要だと言われる背景
スマホユーザーが増えて、外出先でもインターネットが当たり前になった世の中。
以前、Googleも公式ブログの中で発表していましたが、今ではスマホからの検索数の方がPCからの検索数よりも多いため、必然的にスマホでのSEO対策をする必要が出てきました。
以前は、PCの検索結果ランキングとほとんど同じでスマホ独自の検索結果ランキングは存在していませんでした。
しかし、2015年4月21日にGoogleが、Webサイトがモバイルフレンドリー(スマホ最適化)アルゴリズムを導入したことによって、モバイルフレンドリー化されたサイトが検索結果ランキングで優遇されるようになり、結果、PCの検索結果ランキングとスマホの検索結果ランキングに違いが出てくるようになりました。
そのため、スマホでのSEO対策をする必要が出てきたのです。

モバイルフレンドリーが検索順位を決める

 あqGoogleは2015年4月から、検索順位の決定要因としてモバイルフレンドリーの要素を追加しました。モバイルフレンドリーなサイトは、スマホやタブレットなどのモバイル端末でも閲覧がしやすいからです。これはあくまでGoogle独自のチェック項目でしかないのですが、WebにおいてGoogleの存在は依然として大きく、Webサイトのスマホ対応は急務と言えます。このモバイルフレンドリーに対応するための技術としてはレスポンシブWebデザインが有名ですが、以下で少し詳しくみていきます。

スマホ対応

スマホ対応とは要するにデバイスごとに専用のサイトをつくる方法です。パソコンサイトとは別に、スマホ用サイトやタブレット用サイトをつくります。この場合、各デバイスごとに異なるHTMLファイルを持つことになるので、下記のようにデバイスごとにサイトURLが異なります。
PCサイト http://◯◯◯.com/
スマホサイト http://◯◯◯.com/sp/
メリット
• HTML/CSSファイルがPCとスマホ向けで別なので、独立した運用管理ができる
• PC向けのデザインとスマホ向けのデザインをそれぞれの環境に合ったものにできる
デメリット
• HTML/CSSが完全に独立した別物なので更新するときは両方とも更新しなければならない
• URLが異なるため流入が分散するのでSEOやSNSによるシェアに弱い
一つ目の方法とほぼ同じですが、こちらはURLが同じになります。UA(ユーザーエージェント)を判別して表示するHTMLを振り分けます。URLが同一なので、SNSシェアに強く、ユーザビリティ面でもメリットがあります。PHP、JavaScript、.htaccessのいずれかを用いて対応します。
メリット
• PC向けのデザインとモバイル向けのデザインをそれぞれに適応したものにできる
• SEOやSNSによるシェアに強い
デメリット
• URLが同じでも呼び出しているソースは別々なので、両方のHTMLを更新しなければならない
• コーデイングとは別にプログラミングをする必要がある

レスポンシブ対応

スマホ対応を実現する方法の中でも、いま最も採用されているのがレスポンシブWebデザインです。CSS3のメディアクエリを利用することで、デバイス(ディスプレイサイズ)ごとに異なるCSSを適用させます。
メリット
• HTMLが同じなので、1度でPC向けサイトとモバイル向けサイトの両方が更新される
• SEOやSNSによるシェアに強い
• Googleが推奨している
デメリット
• ページの表示に時間がかかる場合がある
• 制作予算(工数)がふくらむ可能性がある
• PC向けサイトとモバイル向けサイトのデザインを大幅に変えることが難しいああqw

まとめ

いかがでしょうか?
スマートフォン用のホームページ制作にも様々な手段があり、それぞれのメリット・デメリットがあります。
否応なしに迫られるホームページのスマートフォン対応を、どういった手段で対応するかは、それぞれの手段を理解したうえで決めるのがベストです。
また、アクセス解析などでユーザーの閲覧環境も考えスマートフォンユーザーが多ければ、早めの対応をオススメします。

お問い合わせ

CONTACT
Copyright 2017 IMGINOTE INC.